PR
クアッドコア製品を発表する,インテル代表取締役共同社長の吉田和正氏
クアッドコア製品を発表する,インテル代表取締役共同社長の吉田和正氏
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは2006年11月15日,4個のCPUコアを1つのマイクロプロセサに搭載した,いわゆる「クアッドコア」製品の量産出荷を開始する,と発表した。デスクトップ・パソコン向けの「Core 2 Extreme QX6700」(開発コード名はKentsfield)と,サーバー向けの「Xeon 5300シリーズ」(開発コード名はClovertown)4製品である。

 いずれも65nmのプロセスで製造され,2個のデュアルコア・プロセサを一つのパッケージに封止する構成を採る。一つのデュアルコア・プロセサに対して4MBの共有L2キャッシュを搭載する。つまり,合計で8MBのL2キャッシュを内蔵している。

 動作周波数は,Core 2 Extreme QX6700が2.66GHz。Xeon 5300シリーズは,上から2.66G,2.33G,1.86G,1.6GHzの4種類がある。

 今回発表したクアッドコア製品の性能について,インテルは「Xeon 5300シリーズの場合,動作周波数が3.6GHzのシングルコアのXeonに比べて4.5倍以上に向上した」(マーケティング本部 本部長の阿部剛士氏)という。消費電力当たりの性能も4倍以上であるとしている。

 一方,Core 2 Extreme QX6700は,デスクトップ・パソコン向けのデュアルコア・プロセサ「Core 2 Extreme X6800」と比較して70%性能が向上している,という。

 国内では,NEC,デル,富士通,日本アイ・ビー・エムなどが,Xeon 5300シリーズを搭載したサーバーおよびワークステーションを2006年内に発表する予定。また,デルやエプソンダイレクトなどが,Core 2 Extreme QX6700を搭載したパソコンの製品化を計画している,という。