PR

写真1●マイクロソフト インフォメーションワーカービジネス本部 Office製品マーケティンググループの田中道明マネージャ
 マイクロソフトは11月15日,東京都内で開催した「the Microsoft Conference 2006」で,同社インフォメーションワーカービジネス本部 Office製品マーケティンググループの田中道明マネージャ(写真1)が「the 2007 Microsoft Office system」の製品ラインアップを紹介した。

 「今回,“Office”と名が付くものは30製品以上ある。昔Officeといえば,Excel,Word,PowerPoint,それにOutlook,Accessだけ覚えておけば製品を網羅できたが,今では“Office System”として,サーバー製品も含めた大きな製品群になっている。そこで,Officeの中にどんな製品があるかを整理,たな卸しして,理解してもらう」のがこのセッションの目的である(写真2)。

写真2●the 2007 Microsoft Office systemの全体像
[画像のクリックで拡大表示]

 Officeのデスクトップ製品には,店頭販売するパッケージ製品と,企業向けのボリューム・ライセンス製品がある(アプリケーションの構成は図1を参照)。このうち,ボリューム・ライセンス向けの「Office Professional Plus 2007」と「同Enterprise 2007」のみは要る企業向けインスタント・メッセンジャー「Communicator 2007」は2007年後半に単体で提供する。

図1●Office 2007の製品構成

 「Office Professional Plus 2007」,「同Enterprise 2007」,それにパッケージ版の「同Ultimate 2007」には,エンタープライズ・コンテンツ管理(ECM),電子フォーム・サービス,情報保護機能であるInformation Rights Management(IRM)の三つの機能を含む。ドキュメント・ワークフロー機能や,SharaPoint ServerにExcelシートを発行する機能などは,ECMがないと利用できない。また,文書ファイルに閲覧・編集・印刷などの権限を付加するのにもIRM機能が必要になる。

 デスクトップ製品にはほかにも,グラフィック・ソフトの「Office Visio Standard 2007」,「同Visio Professional 2007」,プロジェクト管理ソフトの「同Project Standard 2007」」,「同Project Professional 2007」,Webページ作成ソフトでFrontPage 2003の後継製品となる「同SharePoint Designer 2007」がある。

 一方,サーバー製品として,情報共有とポータルの基盤ソフト「Office SharePoint Server 2007」,SharePointから電子フォーム発行機能を抜き出したサブセット版「同Forms Server 2007」,プロジェクト管理機能を提供する「同Project Server 2007」,複数のProject Serverを束ねる「同Project Portfolio Server 2007」,ピア・ツー・ピアの情報共有ソフトGroove 2007の通信を管理する「同Groove Server 2007」,インスタント・メッセンジャーやプレゼンス管理機能を提供する「同Communications Server 2007」,ビジネスデータの分析機能などを提供する「同PerformancePoint Server 2007」,それにメール・サーバーの「Exchange Server 2007」がある

 サーバー製品を利用するにはCAL(クライアント・アクセス・ライセンス)が必要になる。サーバーによっては,標準機能のみ使えるStandard CALと,拡張機能を利用するのに必要なEnterprise CALが必要なものがある。例えばSharePoint Serverは,ポータルや情報共有機能などを使うだけならStandard CALを,電子フォームを使ったビジネス・プロセスの管理や,BI(ビジネス・インテリジェンス)機能などを利用するにはEnterprise CALが必要になる(写真3)。

写真3●Officeのサーバー製品と,CALによる利用できる機能の違い
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は複数のCALをパッケージ化した「CALスイート」も用意している。Windows Server CAL,Systems Management Server CAL,Exchange Server Standard CAL,SharePoint Server Standard CALの四つを含む「Core CAL Suite」の価格は従来から変更はない。これに,ExchangeやSharePointのEnterprise CAL,Rights Management Sercice CAL,Communications Server CALなどを加えた「Enterprise CAL Suite」は,「Core CAL Suiteの約2倍程度の価格になる」(田中マネージャ)という。