PR

 マイクロソフトは11月30日,オフィス・ソフトの新バージョン「the 2007 Microsoft Office system(Office 2007)」をリリースする。既に多くのメディアで,Officeのユーザー・インターフェースが一新されることなどが伝えられており,Office 2007に興味を抱いている読者も多いことだろう。その一方で,「Officeソフトの新バージョン」と聞いても心が動かない読者も少なくないはずだ。Officeに「進化」は必要なのかを考える。

(中田 敦=ITpro)



 少し古いが2005年2月に「日経Windowsプロ」が実施した読者調査では,企業ユーザーに最も多く使われているOfficeソフトのバージョンは「Office 2000」だった。つまり,多くのユーザーが「Officeソフトの機能は現状で十分」と思っており,バージョンアップしていないのが実情である。

マイクロソフト最大の挫折

 そもそも,現在使われているOffice文書フォーマットは,1997年に出荷された「Office 97」で採用されたものであり,10年近く変化していない。文書フォーマットが変わっていないから,Officeで作成できる文書の中身も,この10年間本質的に変化していない。「文書作成ソフト」として見たOfficeは,10年前に完成していたということだ。だからこそ,「Open Office」や「Google Docs&Spreadsheets」といった,Office文書フォーマットと互換性のある無料Officeソフトが登場する余地があった。

 Office 97以降におけるマイクロソフトの最大の挫折は,Officeを「文書作成ソフト」としてしか,ユーザーに使ってもらえなかったことにある。だからこそユーザーは,「Officeに進歩が見られない」「Officeの機能はもう十分」と思っている。

ユーザーを縛るOfficeソフト「二つの限界」

 しかし,Officeは今の機能で本当に十分なのだろうか。Officeの現状をよく考えると,ユーザーは大きく二つの「限界」に縛られている。ユーザーの「今のままで十分」という声の背景には,この限界へのあきらめがあるのではないか。

 一つ目の限界は,Officeがとにかく使いにくいことだ。Officeを使いこなすために,ユーザーは分厚い教科書を読まなければならない。Officeに勉強が必要なのは当然とすら思われているが,本来,非常に不自然な話だ。

 二つ目の限界は,Officeと企業の業務システムの断絶である。

■続きは「Enterprise Platform」の『Officeに進化は必要なのか』をご覧下さい。