PR

 ソフトバンクと手を組み日本に上陸した世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス),「MySpace」。2003年7月の設立からわずか3年強で1億2500万人以上のユーザーを集め,世界最大のコミュニティーの座を不動のものとしている。アクセス数でも米ヤフーに次ぐ,世界2位だ。

 この巨大サイトを作ったのは,米国のネット企業で同僚だった,クリス・デウォルフCEO(最高経営責任者)と,トム・アンダーソン社長。米グーグルを共に創業したラリー・ペイジとセーゲイ・ブリンよろしく,今もなお二人三脚の経営を続けている。その2人が目指す場所はどこなのか。日本法人の香山誠社長も交え,インタビューした。

(聞き手=日経ビジネス 井上理,写真=都築雅人)



――日本版を開始して間もないが,手応えは。

クリス・デウォルフCEO
デウォルフCEO:日本版のサービスを開始する以前から,既に米国版のサービスに登録する日本人ユーザーがいた。登録者数は1日あたり400人程度だったが,日本版を開始して以降,1日あたり8000人と20倍まで増えている。出だしのペースとしては好調だよ。

――米国版のサービスに登録していた日本人ユーザーは,累計でどのくらい存在したのか。

アンダーソン社長:海外に住んでいる日本人や,英語の楽曲を楽しみたい日本人などを合わせ,30万人くらいはいた。

――日本で570万人以上のユーザーを抱えているSNSとして「mixi(ミクシィ)」がある。ミクシィについて,どのような認識を持っているのか。

デウォルフCEO:日本に来てからずっとミクシィと比較し続けられているけど,僕らの目線はもっと上にある。常に考えているのは,日本のユーザーがオンラインでどんな活動をしているのか,何を望んでいるのかであって,ことさらミクシィだけを気にしたことはない。

香山社長:ミクシィの新規登録者数は,100万人を達成した時点で,1日平均5000~6000人。現時点でも,1日平均1万7000人程度だと聞いている。このまま行けば我々はもっと早いペースで成長できちゃうねという感じ。ミクシィのキャッチアップは一瞬で終わるかなと。

マイスペース日本法人はサービス開始以降,「公表できる段階ではない」として日本人のユーザー数を公表していないが,推測は可能だ。日本版に登録すると友達リストに自動的に加わるマイスペースの日本担当のスタッフがいる。彼の友達の数は約5万9000人。友達リストからすぐに削除するユーザーもいるため正確には把握できないが,日本版を開始する以前の日本人のユーザー数と新規を合わせると,少なくとも35万人以上の登録ユーザー数が存在すると見られる。今後,ソフトバンクの携帯電話事業との協業など,ユーザー獲得策がいくつか控えており,ユーザー数はさらに増えていきそうだ。


次の成長戦略は「音楽販売」