PR

外資系ベンダーの営業職に就いて10年。育児休暇から復帰したばかりですが,女性としてこのままずっと仕事を続けていけるか不安な毎日です。
(コンピュータ・メーカー勤務,営業/女性・33歳)

A: 集中力を磨け。自分しかできない何かを見つけろ!

 女性営業の第一人者に,ダイエー会長である林文子氏がいらっしゃいます。自動車販売のプロとして頭角を表し,BMW東京社長になるなど素晴らしい経歴をお持ちで,著書の「失礼ながら,その売り方ではモノは売れません」はベストセラーになっています。

 その林氏と先日,ゴルフをご一緒しましたが,とても魅力的な女性で,家庭をしっかり守っていらっしゃる様子が伝わってきました。ただ,プレー後に仕事の話をする時のあの目つきの鋭さには,思わずゾクっときました。

 以前にも,同じ目つきを見たことがあります。日本IBMで初の女性役員となり,現在は専務である内永ゆか子氏です。社会的に成功した女性は皆,そのような周囲を圧する迫力があります。

 私は,林さんや内永さんのあの鋭い目つきは,集中力の表れではないかと思います。まだまだ「男社会」の日本で,女性が認められるには,とにかく目の前の仕事を周囲の期待以上にこなすことが大切です。限られた時間のなかで期待以上の仕事をするには,集中力を研ぎ澄ませることが不可欠です。

 先輩たちの努力で,女性が活躍できる場は広がっています。とはいえ,仕事と家庭を両立させるのは大変でしょう。そこでカギになるのは,集中力なのです。集中して考え,無駄な時間を使わずにテキパキと仕事をこなしてください。「自分にしかできない」,あるいは「自分ならほかの人よりもうまくできる」という領域を持てれば,女性だろうと関係ありません。必ず上に行けます。

 仕事と家庭を両立しながら活躍する女性は,今後ますます増えると期待しています。がんばってください。応援しています。

奥井 規晶(おくい のりあき)
1959年神奈川県出身。84年に早稲田大学理工学部大学院修士課程修了。日本IBMでSEとして活躍後,ボストン コンサルティング グループに入社。戦略系コンサルタントとして事業/情報戦略,システム再構築,SCMなどのプロジェクトを多数経験。その後,アーサー・D・リトル(ジャパン)のディレクターおよび関連会社のシー・クエンシャル代表取締役を経て,2001年にベリングポイント(元KPMGコンサルティング)代表取締役に就任。2004年4月に独立。現在,インターフュージョンコンサルティング代表取締役会長。経済同友会会員,日本キューバ・シガー教育協会専務理事。