PR

 顧客に対してアプリケーションソフトをインターネット経由で提供するサービスとして「SaaS」が注目されています。直訳すると「サービスとしてのソフトウエア」です。契約するだけでアプリケーションの機能を利用できるため、導入に時間がかかりません。必要な時に必要な量だけ契約できます。

 システムを所有しないため、保守運用のための人員や費用もかかりません。まず一部の部署で試用してみて効果を確認し、全社に広げるといった柔軟なシステム導入に取り組みやすい特長があります。

 実は2000年ごろにも、同様の仕組みでサービスを提供したのが、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式でした。

 しかしASPはあまり普及しませんでした。全く同一な仕様のソフトウエアを複数のユーザーが共用する仕組みだったことや、まだ安価かつ高速な通信回線が普及していなかったため、評判は今ひとつでした。

 ASPの反省を踏まえて登場したSaaSは自由度が大きいのが特徴です。データベースに項目を追加したり、画面の表示項目をユーザーが変更できるといった自前のシステムのような柔軟性を備えます。さらに、ユーザー独自の業務システムとの連携を実現できるSaaSも登場しています。