PR
図 Windows XPでIPv6アドレスを指定してIPv6コンポーネントを追加した画面
図 Windows XPでIPv6アドレスを指定してIPv6コンポーネントを追加した画面
[画像のクリックで拡大表示]

ipv6 adu LANインタフェースのインデックス/IPv6アドレス
ipv6 if LANインタフェースのインデックス

 Windows XPでは,ipv6コマンドをinstallオプションで実行すること,でIPv6コンポーネントを追加でインストールできます。

 ただし,新たにIPv6アドレスを追加しながらIPv6コンポーネントを追加したい場合は,ipv6コマンドのオプションとしてaduを使います。aduオプションに対象のLANインタフェースとIPv6アドレスをLANインタフェースのインデックス/IPv6アドレスの形で指定します(図)。追加されたアドレスを確認するには,続いて「ipv6 if LANインタフェースのインデックス」と実行します。