PR

ITエンジニアのキャリアパスは、他の業界に比べて乏しい気がします。正直言って、「SEを経てプロジェクトマネジャーになる」というありきたりのキャリアパスには魅力を感じません。実際にはどうなのでしょうか?
(システム・インテグレータ、SE/女性・27歳)

A: SEの可能性は広い 要は自分の気持ち次第

 IT業界は,他の業界と比べてまだ若い産業です。そのため,キャリアパスも乏しいように思えるでしょうが,実際はそんなことはありません。SEであっても,技術者としての道を究めて職人のようになれますし,管理職としての道もあります。私のように,経営者にもなれます。むしろ,他の業界より「キャリアパスははるかに広く開かれている」と言えます。

 もしあなたがIT業界のキャリアパスに限界を感じているならば,それは周囲にあなたが「こんな風になりたい」と思う理想の人がいないからではないでしょうか。

 実は,「自分はこのまま一生,SEとして終わるのだろうか」という不安は,日本IBMに勤めていたころの私にもありました。その一方で,優秀な先輩や上司を見て「この仕事を続けていても,こんなスゴイSEや管理職にはなれない」という思いを持ったものです。

 そんな私が彼らとは違うキャリアを歩めたのは,「自分は絶対,彼らとは違うのだ」と思い込んだからです。血液型がA型だからでしょうか,私は物事を論理的に考えがちで,本来は理由のない思い込みなどする性質ではありません。それでも,意識してそうすることで自分を鼓舞していたわけです。結果的に,私はコンサルタントの道に進みました。

 あなたも,「これだ!」と思う何かに出会い,その道を研究していくうちに,世界は実に広いことに気付くでしょう。

 まずは「自分は特別だ」と思い込むことです。そして,広く世の中を見渡し,アンテナを張っておいて自分の進むべきキャリアを探し続けることです。なかなか厳しい世の中ですが,意外と「求める者には与えられる」ものですよ。

奥井 規晶(おくい のりあき)
1959年神奈川県出身。84年に早稲田大学理工学部大学院修士課程修了。日本IBMでSEとして活躍後,ボストン コンサルティング グループに入社。戦略系コンサルタントとして事業/情報戦略,システム再構築,SCMなどのプロジェクトを多数経験。その後,アーサー・D・リトル(ジャパン)のディレクターおよび関連会社のシー・クエンシャル代表取締役を経て,2001年にベリングポイント(元KPMGコンサルティング)代表取締役に就任。2004年4月に独立。現在,インターフュージョンコンサルティング代表取締役会長。経済同友会会員,日本キューバ・シガー教育協会専務理事。