PR

 ビットマップ画像データを扱うにはBitmapクラスを使う。いわゆるBMP形式だけではなく,アイコン,Windowsメタ・ファイル(WMF),主にデジタル・カメラで利用されているExif(Exchangeable Image File),JPEG,PNG(Portable Network Graphics),GIF(Graphics Interchange Format)などの形式を扱える。

 Bitmapクラスには,ファイル入出力機能も実装されている。すなわち,各種画像ファイルを読み出したり,各種画像形式で画像ファイルを保存したりできる。

サンプルコードを見る


名前空間
System.Drawing
対応バージョン
.NET Framework 2.0,1.1,1.0
.NET Compact Framework 2.0,1.0
主なプロパティ
Height
このビットマップ・データの高さ(ピクセル単位)を取得する。

HorizontalResolution
このビットマップ・データの水平方向の解像度(ピクセル/インチ)を取得する。

Palette
このビットマップ・データに使用するカラー・パレットを取得または設定する。

PhysicalDimension
このビットマップ・データの幅と高さを取得する。ピクセル単位で,SizeF型の値として得られる。

PixelFormat
このビットマップ・データのピクセル形式を取得する。PixelFormat列挙型の値が得られる。例えば,1ピクセル当たり24ビットの形式(赤,青,緑各8ビット)の場合は,PixelFormat.Format24bppRgbが得られる。

RawFormat
このビットマップ・データの形式を取得する。ImageFormat型の値が得られる。

Size
このビットマップ・データの幅と高さ(ピクセル単位)を取得する。Size型の値が得られる。

VerticalResolution
このビットマップ・データの垂直方向の解像度(ピクセル/インチ)を取得する。

Width
このビットマップ・データの幅(ピクセル単位)を取得する。

主なメソッド
Clone
このビットマップ・データのコピーを作る。引数に何も指定しないと,同じ大きさ,同じデータ形式でコピーを作る。第1引数にRectangle型の値,第2引数にPixelFormat列挙型の値を指定すると,指定した大きさで指定したデータ形式のコピーを作る。第1引数には,RectangleF型の値も取れる。

FromFile
指定した画像ファイルを読み出し,新たなBitmapオブジェクトを生成する。

FromHbitmap
Windowsのビットマップ・ハンドルから,新たにBitmapオブジェクトを生成する。

FromHicon
Windowsのアイコン・ハンドルから,新たにBitmapオブジェクトを生成する。

FromResource
指定したWindowsのリソース・ハンドルから,新たにBitmapオブジェクトを生成する。第1引数にリソースが格納された実行可能ファイルのインスタンスを識別するハンドル,第2引数にビットマップ・リソースの名前(文字列)を指定する。

FromStream
指定したデータ・ストリームから,新たにBitmapオブジェクトを生成する。

GetBounds
指定した単位で,このビットマップ・データの範囲を取得する。引数に,GraphicsUnit列挙型の値で単位を指定する。例えば,ピクセル単位であれば「GraphicsUnit.Pixel」,インチ単位であれば「GraphicsUnit.Inch」を指定する。

GetHbitmap
このビットマップ・データの,Windowsビットマップ・ハンドルを取得する。

GetHicon
このビットマップ・データの,Windowsアイコン・ハンドルを取得する。

GetPixel
このビットマップ・データの,指定したピクセルの色を取得する。第1引数にx座標,第2引数にy座標を指定する。

GetPixelFormatSize
引数に指定したPixelFormat列挙型の値(ピクセル形式)の,1ピクセル当たりのビット数を返す。

GetThumbnailImage
このビットマップ・データのサムネイル画像を返す。このビットマップ・データにサムネイル画像が埋め込まれている場合は,その埋め込みサムネイルを,引数に指定された大きさに変更して返す。それに対してこのビットマップ・データにサムネイル画像が埋め込まれていない場合は,元のビットマップ・データの大きさを変更し,サムネイル画像として返す。

IsAlphaPixelFormat
引数に指定したPixelFormat列挙型の値(ピクセル形式)に,アルファ情報が含まれているかどうかを示す値を返す。アルファ情報が含まれる場合はTrue,それ以外の場合はFalseが返る。

IsCanonicalPixelFormat
引数に指定したPixelFormat列挙型の値(ピクセル形式)が,1ピクセル当たり32ビットのピクセル形式であるかどうかを示す値を返す。1ピクセル当たり32ビットのピクセル形式の場合はTrue,それ以外の場合はFalseが返る。

IsExtendedPixelFormat
引数に指定したPixelFormat列挙型の値(ピクセル形式)が,1ピクセル当たり64ビットのピクセル形式であるかどうかを示す値を返す。1ピクセル当たり64ビットのピクセル形式の場合はTrue,それ以外の場合はFalseが返る。

MakeTransparent
引数に指定した色を透明色(アルファ色)にする。引数に何も指定しなかったときは,規定の色を透明色にする。

RotateFlip
このビッマップ・データを回転/反転する。適用する回転または反転のタイプは,RotateFlipType列挙型の値で指定する。例えば,90度回転するときは「RotateFlipType.Rotate90FlipNone」,270度回転してから水平方向に反転するときは「RotateFlipType.Rotate270FlipX」を指定する。

Save
このビットマップ・データを,第1引数に指定したファイルまたはストリームに保存する。第2引数に画像データ形式を指定したときは,その形式でファイルまたはストリームに保存する。その際画像データ形式は,ImageFormat型で指定する。例えばPNG形式で保存するならば,「ImageFormat.Png」を指定する。

SetPixel
このビットマップ・データの指定したピクセルに,指定した色を設定する。第1引数にx座標,第2引数にy座標,第3引数に設定するColor型の値を指定する。

SetResolution
このビットマップ・データの解像度を設定する。第1引数に水平解像度,第2引数に垂直解像度を指定する。