PR

 日経マーケット・アクセスが企業の情報システム担当者を対象に行った調査で,2006年11月の「IT予算執行率INDEX」は平均-5.1%と,本調査開始以来4回連続して,月間IT支出が予算を下回った。ただし9月調査での8月実績(予算執行率INDEX-2.8%)から,10月調査での9月実績(同-4.5%),前回11月調査での10月実績(同-6.3%)まで3回連続で予算未達(未消化)傾向が拡大し続けていたものが,4回目にして未消化率が縮小した。

 回答の内訳でみると「予算通り」は62.2%で前回調査(63.5%)とほぼ同じ。「未達」合計25.5%(前回は23.2%),「超過」合計12.2%(前回は13.3%)で,いずれも前回とほとんど変わっていない。その中で「50%超の超過」が1.7%→3.8%と増加,「50%超の未達」が10.0%→7.2%と減少したことが,全体平均の予算執行率INDEXをプラス側に動かした。

◆注
 調査実施時期は2006年12月上旬~中旬,調査全体の有効回答は6066件,うち情報システム担当者の有効回答は1294件,本設問の有効回答は844件。
 本文中の「予算執行率INDEX(平均の予算執行率)」は,選択式回答の「50%超の未達」を-65%,「20%~50%の未達」を-35%,「10%~20%の未達」を-15%,「10%未満の未達~10%未満の超過(ほぼ予算通り執行)」を0%,「10%~20%の超過」を+15%,「20%~50%の超過」を+35%,「50%超の超過」を+65%に換算して加重平均した。

図●2006年11月のIT予算の執行率(n=844)