PR

2007年(1月~12月)の情報化投資の動向をどうみるか。2006年と比べた伸び率「%」と、その理由をお答えください。

富士通 黒川博昭 社長
 2007年のIT支出は、2~3%程度の伸びになると見ている。世界経済は、予測された米国経済の減速が比較的緩やかに進んでおり、原油価格も落ち着きをみせていることから、堅調に推移すると考える。一方で国内は、企業の設備投資が高水準で推移しているが、消費支出の伸びはやや力強さを欠く。2006年と同様に緩やかな改善が続くと見ている。

 企業のIT支出については、ハードウエアを中心に、低価格商品へのシフトが継続すると考えている。一方で、セキュリティの強化や個人情報の保護、金融商品取引法の対応などへの取り組みは、ますます重要性を増しており、重点投資分野になるだろう。コンシューマ向けについては、デジタル放送受信など新しい楽しみ方や、Windowsの新OSの発売などが、個人向けパソコンの需要を牽引するものと期待している。

2007年に注目する技術とその理由をお答えください。

「フィールド・イノベーション(現場革新)を支える技術」
(1)ユーティリティ・コンピューティングの実現を目指したデータセンターなどの最適化技術
・仮想化技術の拡張や強化
 サーバーだけではなく、ネットワークやストレージも含めたコンピュータ・リソースの仮想化とコンソリデーションにより、TCO(所有総コスト)を削減してシステムの可用性・柔軟性を大幅に向上させる。
・自律技術の拡張・強化
システム全体を総体としてとらえ、運用性や管理の容易さ、利便性を追求する。

(2)大量なデータや非構造化データの処理技術
・ナレッジ・コンピューティングの活用

(3)IP化、FMC(固定電話と携帯電話の融合)に向けた次世代ネットワーク技術
・高速光伝送技術
・次世代ワイヤレス技術の開発
・次世代高速無線LAN、WiMAXなどのマルチ無線技術
・オールIP化のネットワークを指向した相互接続技術

(4)セキュリティの入り口、本人認証技術
・高精度バイオメトリクス認証のさらなる高性能化や小型化、低価格化

(5)サービス提供の基盤技術
・業務プロセス可視化、イベント収集、シミュレーション、課金など

(6)新しいシステム構築技術
・オープンな環境で正確かつスピーディにシステム構築を行うためのツール

(7)環境に優しい製品開発技術
・省電力、省発熱、省スペースなどに配慮した製品の開発技術

「フィールド・イノベーションを実現する電子デバイスの基盤技術」
(1)高集積度デバイス技術
・45nm プロセスの実用化

(2)ワイヤレス・システムに向けたLSI技術 ・最先端RF-CMOS技術による高速・低消費電力化

2007年を、御社のコンピュータ事業にとって、どんな年と位置付けていますか。

 私が社長に就任してから2006年までの3年間は、利益を重視してきた。2007年は成長に向けた本格的な攻めに転じる年と位置付けている。そのため2006年6月に、それまでの社長による集中管理から、4人の代表権を持つ副社長によるグループでの執行体制を採った。同時に、さらなる成長に向け、海外事業を強化していくために、米州、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、中国、APAC(アジア太平洋地域)にそれぞれ代表者を置く体制もスタートさせた。これにより、海外市場により密着し、海外拠点を中心とした、より迅速できめ細かいビジネス展開を図っていく。

 ITの活用は、企業のマネジメント系の領域から、調達、製造、販売といった企業活動の最前線や、教育や医療、娯楽など個人の社会生活の現場に浸透・拡大しつつある。当社グループは、ITによる「フィールド・イノベーション」のさらなる進展を目指し、企業の現場の業務の革新や、より便利、快適、そして安心な社会の実現に取り組んでいく。

2007年に特に強化する事業は何ですか。

「ハードウエア事業」
 引き続きIAサーバーの領域に注力していく。オープン系サーバーの経済性とメインフレームの信頼性を両立させた基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」を当社の戦略製品として強化しており、海外を含めデータベース・システムやERP(統合業務パッケージ)サーバー、基幹システムの再構築などで実績を上げてきたが、今後もソフトウエアや機能の充実を図り、お客様のニーズに対応していきたい。また、PCサーバーのラインアップも強化していく。2007年の前半には、サン・マイクロシステムズとの提携によるプロセサ「Advanced Product Line(APL:開発コード)」の販売も開始する。

「ソフトウエア」
 ミドルウエア製品をハードウエアと組み合わせ、インテグレーション・モデルとして、IT基盤「TRIOLE」を強化し、お客様にとっての利便性を一層高めていく。「Interstage」や「Systemwalkerシリーズ」など、「TRIOLE」を支えるミドルウエア群を一層強化し、システムの信頼性や構築スピードの向上、お客様の運用負荷の軽減を図っていく。

「サービス」
 安定的な利益が上げられるパッケージ、サービスへのシフトを加速していくとともに、内部統制強化に向けたコンサルティングや電子文書管理など、総合的なソリューションを提供していく。SAPとのグローバル・アライアンスを活かし、ERP分野で国内外のお客様を積極的にサポートしていく。
 さらに手のひら静脈認証など独自の技術を活かした安心・安全を実現するソリューションや、ヘルスケア、RFID活用による在庫管理システムなど、「フィールド・イノベーション(現場革新)」に寄与するサービスに注力していく。

2006年のコンピュータ事業を振り返って、100点満点で自己採点してください。 合格点は何点からか、合格点に満たない場合の不足分は何かについてもお答えください。

「可」と「良」の間ぐらい。