PR
NEC矢野薫 社長

2007年(1月~12月)の情報化投資の動向をどうみるか。2006年と比べた伸び率「%」と、その理由をお答えください。

 2007年も2~3%程度の堅調な伸びを見込む。企業業績の改善を背景に、製造業や大企業だけでなく、非製造業や中堅・中小企業へとIT市場の拡大が進展する。また、通信キャリアの次世代ネットワーク(NGN)に向けた投資が拡大するとともに、NGN効果によるIT市場の活性化が見込まれる。官公庁市場も重点政策領域の投資が進むだろう。

 ハードウエアは、メインフレームやUNIXサーバーなどの大型サーバーの減少とPCサーバーの伸長があいまって横ばい。ソフトウエアおよびサービスは堅調な伸びを見込む。

2007年に注目する技術とその理由をお答えください。

 NGNに関連した技術として、サービス・プラットフォームを構築するための大規模なSI(システム・インテグレーション)技術の向上やシステム・モデルの確立、安定的なサービス品質を確保するための大規模ネットワークの可視化技術などに注力する。SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)など、企業がNGNを活用した新サービスや業種を超えた融合サービスを素早くかつ経済的に実現するための技術にも取り組んでいく。

 また、新世代のコンピュータ・プラットフォーム技術として、ITリソースを自在に組み合わせて経済的かつ柔軟な業務システムをダイナミックに実現する「仮想化技術」や、Webサービス、SOA(サービス指向アーキテクチャ)などに注目している。

 「仮想化技術」について、当社ではスケーラブル・サーバー・テクノロジ、スケーラブル・ストレージ・テクノロジ、統合VM(仮想マシン)テクノロジに取り組んでおり、これらの技術を採用した製品を順次提供していく。

2007年を、御社のコンピュータ事業にとって、どんな年と位置付けていますか。

 NGN関連では、NTTのトライアルが開始されるなど、活用フェーズに移行していく。これにともない、企業のITシステム、ネットワークの需要の活性化が見込まれるため、当社としては、他社に先駆けたソリューション提供を推進していく。2005年に締結した米ユニシスとの提携に基づき開発している両社共通のサーバー・プラットフォーム「Common Platform」が、いよいよ2007年より出荷開始される。これは、NECのサーバー事業がグローバルに飛躍する契機となるものだ。

2007年に特に強化する事業は何ですか。

 当社は、NGNを軸とした成長戦略を推進し、ITとネットワークの融合ソリューションの提供拡大に取り組んでいく。NGNによって、より便利・快適で安全・安心なユビキタス社会が実現する。ITプラットフォームについては、2006年7月に発表した「REAL IT PLATFORMビジョン」に基づき、「強い製品」を継続的に提供していく。

 具体的には、IAサーバーの「Express5800」をはじめ、統合エンタープライズ・サーバー「NX7700i」などの強化に取り組む。国内トップ企業としての地位を確保するとともに、グローバル展開の基盤を確立する。また、11月に発表した新仮想PC型シンクライアント・システムの「VirtualPCCenter」は、シンクライアントの本格的な普及を実現する製品として、グローバルに拡販していく。

 セキュリティ分野の「InfoCage」や運用管理分野の「WebSAM」といったミドルウエアにも注力する。特に、アプリケーション・サーバーの「WebOTX」はNGNのサービス・プラットフォームの中核ミドルウエアと位置付け、強化を進めていく。SIサービスについては、流通・サービス業向けソリューションや中堅企業向けERP(統合業務パッケージ)「EXPLANNER」の販売、SAPをはじめとする業種向けソリューションにも注力する。

 また、「UNIVERGE」をはじめ、RFID、映像、フィジカル・セキュリティなどのITとネットワークの融合ソリューション、ユビキタス・ソリューションの拡大とともに、アウトソーシングなどのサービス事業の拡大に取り組んでいく。

2006年のコンピュータ事業を振り返って、100点満点で自己採点してください。 合格点は何点からか、合格点に満たない場合の不足分は何かについてもお答えください。

 ITソリューション事業について言えば、NECの業績を下支えする存在であり、80点(合格点70点と想定)程度と考える。しかし、お客様のイノベーションへの貢献、お客様の要望に応えるという点では、さらに高い目標に取り組まなければならないと考えている。NECが「グローバルなイノベーション・カンパニー」となるために、現状に満足することなく、さらなる成長に向けた取り組みを進めていく。