PR

 米Microsoftは2006年末,Windows XP Service Pack 2(SP2)とWindows Server 2003向けに「Windows PowerShell 1.0」(開発コード名はMonad)をリリースした。Windows PowerShellを使うためには,.NET Framework 2.0がインストールされている必要がある。米MicrosoftのWebサイトには,様々なバージョンのWindows用のWindows PowerShellが公開されている。

・32ビット版Wiondows XP用Windows PowerShell(日本語版)

・x64版Wiondows XP用Windows PowerShell(日本語版)

・32ビット版Windows Server 2003用Windows PowerShell(日本語版)

・x64版Windows Server 2003用Windows PowerShell(日本語版)

・Itanium版Windows Server 2003用Windows PowerShell(日本語版)

 Windows PowerShellは,Windows環境の管理を自動化できる新しいコマンド・ライン環境並びにスクリプティング環境であり,新しいMicrosoft製品の管理機能の多くが,PowerShell環境で構築されている。例えば,Exchange Server 2007では多くの管理アクションがPowerShell環境で実装されている。Windows PowerShellをインストールすると,スタート・メニューに「Windows PowerShell」というショートカットが登録されるので,起動する場合にはこれを利用する。

 PowerShellには多数のコマンドレット(cmdlet)と呼ばれるコマンド・ライン・ツールが含まれている。コマンドレットを使うと,レジストリやWindows Management Instrumentation(WMI),サービス,プロセス,イベント・ログなど,OSを構成するあらゆる種類のシステム・リソースにアクセスできる。

 「Dir」や「Type」などの一般的なcmd.exeコマンドはすべてPowerShellでも動くが,コマンドレットの本来の力は,改良されたコマンドレッドによって発揮される。まず始めに,次の簡単なコマンドを見てみよう。

get-help

 このコマンドを使って,PowerShell構文の形式の概要とコマンドを表示できる。例えば,get-commandコマンドを使うとコマンドレットの一覧が表示され,get-command でそのコマンドレットの詳細情報が表示される。

 他の簡単なコマンドには「get-service」や「get-process」があり,それぞれサービスやプロセスの情報を表示する。例えば図1では,「s」で始まるすべてのプロセスを検索した結果が示されている。

図1●get-porcessコマンドレットの使用例
[画像のクリックで拡大表示]

 図1では,表形式で情報が表示されているが,図2のように,出力時に「format-list」を付ければ,簡単な一覧として出力できる。

図2●プロセスの詳細一覧を出力したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 出力可能なすべての形式一覧を表示するには,コマンド・ラインで次をタイプする。

get-help format*