PR
写真1 管理者パスワードを入力する
写真1 管理者パスワードを入力する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 パッケージマネージャで,オプションパッケージを呼び出す
写真2 パッケージマネージャで,オプションパッケージを呼び出す
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 アンインストールするパッケージのチェックをオフ
写真3 アンインストールするパッケージのチェックをオフ
[画像のクリックで拡大表示]
写真4 アンインストールするパッケージを確認する
写真4 アンインストールするパッケージを確認する
[画像のクリックで拡大表示]
写真5 パッケージを適用する
写真5 パッケージを適用する
[画像のクリックで拡大表示]
写真6 「とにかくインストールする」をクリック
写真6 「とにかくインストールする」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]
写真7 インストール完了
写真7 インストール完了
[画像のクリックで拡大表示]
写真8 Firefox 2をインストールできた
写真8 Firefox 2をインストールできた
[画像のクリックで拡大表示]

 Linuxデスクトップにおいて,Webブラウザはよく利用するアプリケーションの一つである。本連載では,人気の高いWebブラウザ「Firefox 2」の基本的な機能を解説していく。キーボードからの命令(コマンド)入力を極力避けて,できる限りマウスで操作していく。
 第1回では,Fedora Core 6にFirefox 2をインストールする方法を紹介する。

Fedora Core向け最新Firefoxの導入法は

 多くのLinuxディストリビューションは,WebブラウザとしてFirefoxを標準採用している。しかし,古いバージョンのまま,使っているユーザーもいるだろう。そこで,まずはFirefoxの最新版をインストールしてみよう。
 Firefoxの最新バージョンは,Mozilla JapanのWebサイトで確認できる(http://www.mozilla-japan.org/)。使用しているLinuxディストリビューションにおいて,最新のFirefox用パッケージが提供されている場合は,それをインストールすれば良い。Linuxの「ソフトウェアの追加/削除」機能を呼び出し,対象パッケージを追加するだけだ。
 ただし,Fedora Coreの場合は,この方法ではFirefox 2を導入できない。Fedora Coreを開発しているFedoraプロジェクトが,いくつかの理由から,バージョン2系のパッケージを提供せず,Firefox 3にフォーカスしていくとしているためだ(詳細は,http://fedoraproject.org/wiki/Firefox2を参照)。
 そのため,Fedora CoreにFirefox 2を導入するには,次の3つの方法が考えられる。

1. Mozilla Japanのtar.gz版(ソース・パッケージ版)を導入する
2. Fedora Coreのdevelopment版(開発版)パッケージを導入する
3. 第三者が公開しているRPM版パッケージを導入する

 1番目の方法は,Firefoxのオフィシャル版を確実にインストールできるが,コマンドラインからの作業が必要になる。2番目の方法は,パッケージ管理システムの設定ファイルを変更するか,コマンドラインからの作業が必要になる。3番目の方法は,RPM版さえ見つけることができれば,マウス操作だけでインストールができる。そこでここでは,3番目の方法を採用し,「Les RPM de Remi」(http://remi.collet.free.fr/)というサイトが公開しているRPM版を導入する。

旧バージョンをアンインストールする

 Firefox 2のインストールに先立って,旧バージョンを次の手順でアンインストールする。

(1)「アプリケーション」→「ソフトウェアの追加/削除」を選択

(2)ダイアログが表示されたら,管理者パスワードを入力して(写真1),「OK」ボタンをクリック(rootユーザーでログインした場合は,この操作は必要ない)

(3)パッケージマネージャが表示されたら,左枠で“アプリケーション”を選択,右枠で“グラフィカルインターネット”を選択し,「オプションパッケージ」ボタンをクリック(写真2

(4)パッケージ一覧が表示されたら,下記のように,旧バージョンのFirefoxのチェックをオフにし,「閉じる」ボタンをクリック(写真3
 例:firefox - 1.5.0.7-7.fc6.i386
 (末尾の番号は,バージョンに寄って異なる)

(5)パッケージマネージャの「適用」ボタンをクリック

(6)「パッケージ選択」ダイアログが表示されたら,「続行する」ボタンをクリック(写真4

(7)「ソフトウェアの削除が正常に終了しました」と表示されたら,「OK」ボタンをクリックし,さらにパッケージマネージャを閉じる

Firefox 2をインストールする

 それでは,Firefox2をインストールしよう。

(1)Les RPM de Remi(http://remi.collet.free.fr/)より,下記をダウンロードする
 Pour Fedora Core 6 32 bits
 firefox-2.0.0.1-1.fc6.remi.i386.rpm (20,6 Mo)
 http://remi.collet.free.fr/index.php?2006/12/21/267-firefox-2001-1

(2)ダウンロードしたRPMファイルをダブルクリックする

(3)ダイアログが表示されたら,管理者パスワードを入力して,「OK」ボタンをクリック(rootユーザーでログインした場合は,この操作は必要ない)

(4)インストールパッケージのダイアログが表示されたら,「適用」ボタンをクリック(写真5

(5)ダイアログに“検証できません”とメッセージが表示されたら「とにかくインストールする」をクリック(写真6

(6)「ソフトウェアが正常にインストールされました」と表示されたら,「OK」ボタンをクリック(写真7

 これで,Firefoxのインストールが完了した。
 Webブラウザを呼び出して,「ヘルプ」→「Mozilla Firefoxについて」を呼び出すと,バージョンを確認できる(写真8)。