PR
図1 192.168.1.1というIPアドレスでネットマスクは255.255.255.0,ブロードキャスト・アドレスは「192.168.1.255」と設定した画面
図1 192.168.1.1というIPアドレスでネットマスクは255.255.255.0,ブロードキャスト・アドレスは「192.168.1.255」と設定した画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2 論理インタフェースを作成してセカンダリIPアドレスを追加した画面
図2 論理インタフェースを作成してセカンダリIPアドレスを追加した画面
[画像のクリックで拡大表示]

ifconfig LANインタフェース名 IPアドレス

 LANインタフェースのIPアドレス設定が間違っている場合は,ifconfigコマンドを使って新しいIPアドレスに設定を変更できます。このときに,ネットマスクやブロードキャスト・アドレスも一緒に設定します。例えば,192.168.1.1というIPアドレスで,ネットマスクは255.255.255.0,ブロードキャスト・アドレスは192.168.1.255という設定にしたい場合は,以下のようなコマンドを実行します(図1)。

ifconfig eth0 192.168.1.1 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

 さらに,ifconfigを使えば,実インタフェースに対して論理インタフェースを作成してセカンダリIPアドレスを追加することもできます。具体的には以下のようなコマンドを入力します(図2)。

ifconfig eth0:0 192.168.1.2 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255