PR

HTMLやXHTML形式でウェブ用の文書を作る場合、内容をHTML要素(タグ)でマークアップしたテキストデータに(html)と拡張子をつけて保存するだけでは正しいドキュメントにはならない。その文書を作る際に採用した文書型定義の種類を、ドキュメントの冒頭で示しておく必要がある。DTDはHTML4.01とXHTML1.0の場合Strict, Transitional, Framesetの3種類のDTDが存在する。XHTML 1.1やXHTML 2.0などの場合は各バージョンにそれぞれ1種類のDTDがある。その他にも各種電子文書用言語に対応するDTDがある。
(X)HTMLでは

< !DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

のようにDOCTYPE要素を使ってDTDの種類を明示する。

主な文書型定義一覧はW3Cのサイトで確認できる
http://www.w3.org/QA/2002/04/valid-dtd-list.html