PR
激動する携帯ビジネス MVNO解禁の衝撃

総務省は2007年,モバイル市場の活性化に向けた施策を次々と打ち出す。その第一弾として,携帯電話事業者から設備を借りて独自ブランドでサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の促進を狙い,ガイドラインの改正に踏み切った。他業者がMVNOとして参入すれば,実質3社の寡占状況にある携帯電話市場に風穴を開ける可能性がある。

公開中 一向に進展しない現状に活路
公開中 改正ガイドラインに秘められた促進策(前編)
公開中 改正ガイドラインに秘められた促進策(後編)
公開中 大手事業者も渋々と受け入れへ
公開中 禁断の販売奨励金とSIMロックにもメス