PR

本記事は,4種類のシステム環境でテストしています。このアイコンは,次のディストリビューションとデスクトップ環境の組み合わせを指します。F:Fedora Core 5+GNOME,V:Vine Linux3.2+GNOME,S:SUSE Linux 10.1+GNOME,K:KNOPPIX5.0.1+KDE。アイコンが青い場合に記事が当てはまります。

A: システムの設定やデスクトップのデザインを変更できるWindowsの「コントロールパネル」。Linuxでも設定ツールは使いやすいように分類されています。

 FedoraとVineの場合,デスクトップ・メニュー内に,デザインや操作方法などを変更できる個人向けの設定ツールと,システム向けの設定ツールが分けて配置されています。

 SUSEの場合は,コントロールパネルに近い「コントロールセンタ」があります。「デスクトップ」メニューの「コントロールセンタ」で起動できます。このほか,「YaST2コントロールセンター」(以下,YaST)という管理ツールも用意されています(写真1)。YaSTではパッケージ管理やハードウエア,ネットワークの設定などが「デスクトップ」メニューから実施できます。

写真1●SUSEの設定ツールの「YaST2コントロールセンター」
写真1●SUSEの設定ツールの「YaST2コントロールセンター」

 KNOPPIXには,コントロールパネルに近い「KDEコントロールセンター」(写真2)と,設定ツールがまとめられたメニュー(パネル上のペンギンのアイコン)があります。

写真2●KDEの設定ツール「KDEコントロールセンター」
写真2●KDEの設定ツール「KDEコントロールセンター」