PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2007/1/26(vol.21)

☆☆☆NET&COM2007のNGNホットステージをお楽しみください☆☆☆

 こんにちは。編集長の林です。

 日経NETWORKでは,2月7~9日に東京・ビッグサイトで開催される総合
展示会「NET&COM2007」において,展示会場内に「ネットワーク最前線
NGNホットステージ」を設けます。ネットワーク最前線は日経NETWORKが
毎年恒例としている企画展示ですが,今年はNGNをテーマに実施します。
展示内容につきましては,2007年2月号のpp.66-71をご覧下さい。

 また,2月8日には第二回目の「ネットワーク機器講座」を,同じ東京
ビッグサイトで開催します。今回のテーマは「メッセージング・セキュ
リティ」です。
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw2007/

みなさまのご参加をお待ちしています。

 本誌記事ならびに日経NETWORK倶楽部メールに関するご意見・ご感想
お待ちしています。送付先は以下の通りです。

e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

============================================================================

■INDEX
1.特集プラスワン
 ●意外(?)とユーザー思いなマイクロソフト
 ●今年,無線LAN機器は“買い時”だと思いますよ
 ●誌面の“図”を作るときの裏側
2.「トラブルからの脱出」取材日記
 ●「ペンション」のもう一つの意味は…
3.さようなら/こんにちは
4.Web連載インタビュー
 ●岸本(きしもと) ムサシさん
 ――「ビギナーズ・クエスチョン」のイラスト担当
5.今号のリンク
6.今月のおさらい
7.編集部からのお知らせ
8.次号(2007年3月号)予告

============================================================================

1.特集プラスワン

●意外(?)とユーザー想いなマイクロソフト

 2月号の特集1「Windows Vistaネットワーク完全ガイド」はご覧いた
だけましでしょうか。もうすぐ登場するVistaを,日経NETWORKでもい
ち早く取り上げてみました。といっても,パソコン雑誌でよく見かけ
るまとめ方では面白くないので,LANとTCP/IP,Windowsネット,セキュ
リティの三つに日経NETWORK的にこだわってまとめてみました。ぜひご
覧下さい。

 マイクロソフトというと新技術を積極的に取り入れている会社とい
うイメージがあります。今回のVistaでもIPv6をはじめとして,新しい
ネットワーク機能が満載です。しかも,IPv6を標準に位置づけるなど,
調べていくうちにその“本気度”に驚かされました。

 一方,「マイクロソフトはユーザーに不親切」という声もよく耳に
します。バージョンアップの際に昔のソフトが動かなかったり,ユー
ザー・サポートで満足する対応が得られなかったりした不満がそうい
う声になっているのでしょう。ですが,少なくともネットワークに関
しては,マイクロソフトは過去の資産を大事にしています。Windows
2000のときも,過去の環境と共存できるように工夫してActive Directory
を導入しましたし,今回のVistaでも既存ネットワークとの互換性や接
続性を保つためにいろんな工夫をしながら新機能を取り入れています。

 これらの努力は,ユーザーには見えないように上手に隠されていま
す。ネットワークにつなぐだけで特に設定などしなくても今まで通り
にネットワークを使えますし,ほかのパソコンからも単にWindowsパソ
コンが増えただけに感じるので,おそらくVistaが加わっても気が付か
ないでしょう。ですが,その裏で実はこんな工夫をしているというこ
とを今回の特集でわかっていただけるのではないでしょうか。

 特集で取り上げた内容以外にも,Vistaにはまだまだ変更点がありま
す。これからもVistaのネットワーク機能について,折を見ていろいろ
と分析していく予定です。(根本)

----------------------------------------------------------------------------
●今年,無線LAN機器は“買い時”だと思いますよ

 今月号の特集2は「製品研究 無線LAN」です。実は私,この2年弱の
間に無線LAN関連の特集を3回担当しています。そのたびに無線LAN機器
メーカーに製品や技術の動向を聞いていますが,今回はしみじみと
「無線LANってどんどん使いやすくなったなぁ」と思いました。特に多
くの人に身近な個人向け製品はその傾向が顕著です。

 本誌ではIEEE802.11nへの対応や総務省令改正で伝送速度が高速化す
ること,「Wi-Fi Protected Setup」によって簡単に無線LANの設定が
できることなど無線LANの部分の機能について紹介しました。これらは
もちろん無線LANの使い勝手を向上させる重大な要素です。ただ,最近
の無線LANルーターでは無線以外の部分にも工夫が凝らされています。

 例えば,ルーターの設定。無線LANを自宅に構築するとき,多くの人
はプロバイダから配られるモデムなどと無線LANルーターを接続します。
このとき,無線LANルーターをルーター・モードに設定するか,ブリッ
ジ・モードに設定するかはプロバイダやモデムのタイプによって違い
ます。マニュアルに一覧表が載っていたりしますが,同じプロバイダ
でも契約しているコースによって違ったりして結構ややこしいもので
す。でも今は,無線LANルーターがある程度自動で設定してくれるよう
になっています。

 製品によっては,パソコンごとにアクセスできるWebサイトを制限す
るコンテンツ・フィルタリングやネットワーク・カメラなどを使うと
きに便利なダイナミックDNSをオプション・サービスとして用意してい
るものもあります。また,無線LANルーターのサイズはより小さく,デ
ザインはシンプルでおしゃれになりました。リビングなどに置いても
邪魔にならなそうです。今どきの無線LAN機器は,機能,サービス,デ
ザインなどさまざまな面から使いやすくなっています。無線LANをまだ
導入していない人はもちろん,数年前の無線LAN機器を使っている人に
も買い時かもしれません。(平野)

【特集2補足】
 2007年2月号の特集2「製品研究 無線LAN」を執筆した段階では,
「Wi-Fi Protected Setup」(WPS)のホワイトペーパーが出ていませ
んでした。そのため,メーカーなどへの取材を通じてわかった範囲内
でそのしくみを解説しています。その後,1月9日にWPSの認定が開始さ
れたのと同時に,最終版のホワイトペーパーが公開されて詳細が判明
しましたので,この場で補足します。

 本誌で説明したように,WPSでアクセス・ポイントや子機を設定する
には大きく二つの方法があります。「ソフトウエア方式」(PIN入力方
式などと呼ばれます)と「プッシュ・ボタン方式」です(2007年2月号
のp.58を参照)。ただ,今回発表されたホワイトペーパーによると,
すでにある無線LANネットワークに新たに端末を追加する場合は,もう
一つ設定方法があるということです。それは,すでに無線LANにつながっ
ているアクセス・ポイントもしくは子機に新たに追加する端末のPINコー
ドを登録するという方法です。

 WPSでは,アクセス・ポイントだけでなく,子機にもPINコードを割
り当てることになっています。ただし,無線LANアダプタやゲーム機な
ど子機側のPINコードは出荷時に割り当てるのではなく,無線LANに接
続するたびに自動的に生成される場合もあります。三つ目の方法では
このPINコードを使います。仮に,すでに稼働している無線LANネット
ワークがあり,無線LANアダプタを装着したパソコンがつながっている
としましょう。そこに無線LAN対応のゲーム機を追加するとします。そ
の場合,パソコンでアクセス・ポイントもしくはパソコンに装着され
ている無線LANアダプタの設定画面を開きます。そして,その画面にゲー
ム機のPINコードを入力すると,アクセス・ポイントもしくは無線LAN
アダプタからESS-IDや暗号キーの情報がゲーム機に送られ,ゲーム機
が無線LANに追加されます。

 特徴的なのは,このときゲーム機のPINコードを登録するのがすでに
無線LANで接続しているパソコンの無線LANアダプタの設定画面でもよ
いということです。こうしたパソコンの無線LANアダプタはアクセス・
ポイントと認証済みで,ESS-IDや暗号キーも知っています。それを利
用し,新たな機器を接続するために必要な情報を送る権限を無線LANア
ダプタにも持たせているのです。ゲーム機などはプッシュ・ボタン方
式でも追加できますが,アクセス・ポイントが高い位置にあってボタ
ンを押しにくい場合などはこの方法が便利でしょう。WPSは,さまざま
な状況で無線LANの設定がしやすいように汎用性を高めた規格なのとい
えそうです。

----------------------------------------------------------------------------
●誌面の“図”を作るときの裏側

 特集3「ネットワークの基礎」を執筆するにあたって一番頭を悩ませ
るのが「図解で学ぶ」というタイトルにあるように,“図”です。図
を見ただけで技術のポイントがわかる--。そんな図を作ることに全
力を傾けます。

 このコラムの図は,まず担当記者がイメージを伝えるためのラフを
作り,それをデザイン会社のデザイナーさんに説明します。そして最
終的にデザイナーさんが,誌面に掲載する形の図に仕上げます。担当
記者にとっては,この「デザイナーさんに図を説明する」という作業
が大きな関門です。なにせ,編集部以外の人間で図を見る最初の読者
となるからです。なので,デザイナーさんに理解できないような図を
作ってしまうと,「これでは読者にも伝わらない!」と判断して書き
直しです。

 では,今回のテーマであるHTTPの図をデザイナーさんに見せたとき
の反応はどうだったかというと…「今までで一番理解できた」という
感想が返ってきました。理由を尋ねてみたところ,「Webは身近なので
利用イメージがわきやすいし,こうした身近なもののしくみって興味
が沸きますよね」ということでした。

 これまで「ネットワークの基礎」で扱ってきたのは,TCPやIPといっ
た,いわゆる「縁の下」のプロトコルでした。今回のHTTPは私たちが
普段操作しているWebブラウザが使うプロトコルなので,自分の普段の
操作とHTTPの動作が直結しやすいと思います。理解度は,誌面最後の
「修了テスト」で確認できます。今回は高得点が取れるチャンスかも
しれません。ぜひご覧いただいて,理解度をチェックしてみてくださ
い。(半沢)

============================================================================

2.「トラブルからの脱出」取材日記

●「ペンション」のもう一つの意味は…

 今月の「トラブルからの脱出」は,Webサーバーをセンターに,クラ
イアント・パソコンを本社に設置し,遠隔利用するネットワークでの
トラブルでした。このトラブルの舞台となった日本ペンション・オペ
レーション・サービス(JPOS)は,宿泊設備のペンションを管理する
会社のような名前に思えますが,実は企業年金の管理業務を代行する
会社です。ペンションには「年金」という意味もあるのだそうです。

 企業年金は,毎月の給与から一定の割合を積み立て,退職後,一定
年齢に達した後に支払っていくしくみ。個人別にいくら支払ったか,
積み立て額がどの程度あるか,運用はどうなっているか,いくら支払
うかといった管理が欠かせません。もちろん,こういった情報の取り
扱いには細心の注意が必要です。そこで,クライアント・パソコンに
いっさい情報を保存させないスタイルのシステムになっているわけで
す。この結果,サーバーとセンターを結ぶ通信回線のトラフィックが
高くなってしまったことが,トラブル発生の背景にはあります。

 このように,クライアント・パソコンに情報を保存させず,サーバー
と通信回線を経由して接続させるといった形態のシステムは増えてい
ます。重要な情報をデータ・センターにアウトソーシングしたり,リモー
ト・アクセスするパソコンには情報を保存させないといった形態は,
それほど大きな企業でなくても存在します。JPOSのネットワークは巨
大ですが,中小規模のネットワークでも参考になるのではないかと考
えながらまとめました。(阿蘇)

============================================================================

3.さようなら/こんにちは

●こんにちは,平野です。2007年2月号を最後に私は日経NETWORKを離
れ,日経パソコンの編集部に移ることになりました。今思うと,日経
NETWORKで過ごした1年7カ月は,まさにトライ&エラーの日々でした。
さまざまな技術のしくみを記事にするために,実際に機器を使ってみ
たり,技術仕様書とにらめっこしたり…「なんでつながらないの?!」
「ちょっと意味わかんないんだけど…」と叫んだり,うなったりした
ことも多々あります。でも,苦労の末に作った記事に対して,読者の
方から「わかりやすかった」とコメントをいただくと,そんな苦労は
吹っ飛びました。ありがとうございました。私は編集部を離れますが,
これからも「日経NETWORK」が読者のみなさんにとって役立ち,応援さ
れる雑誌であり続けられますように。今後は一読者として祈り,応援
したいと思います。(平野)

●1月に『日経パソコン』から移ってきました田村です。前の編集部で
は主にWindows,メール,ウイルス対策といったソフトウエアの基本に
ついて書いていました。ネットワークがらみで分からないことがある
と『日経NETWORK』を読んでいたものです。これからよろしくお願いし
ます。ところで,しょっちゅうパソコンを組み立てたりバラしたり,
ガジェットについてああでもないこうでもないと批評したりするため
始終ざわざわしていた前の編集部に比べると,今いる場所は“しーん”
としています。以前と同じ音量で動いたりしゃべったりすると静寂を
破りまくって目立つことこのうえなし。さっきも「おまえの打鍵音,
うるさいよ~」と言われましたよ……。たぶん私の筆圧,ではなくて
キーボード圧が高いのに加えて,キーボード自体もうるさいやつだか
らだと思います。というわけで静かなキーボードを買おうと思うので
すが,どなたかおすすめがあったら教えてください!(田村)

============================================================================

4.Web連載インタビュー

●岸本(きしもと) ムサシさん
――「ビギナーズ・クエスチョン」のイラスト担当

 本誌連載中の「ビギナーズ・クエスチョン」は楽しいブタのイラス
トが特徴です。また,日経BPのニュース・サイト「ITpro」にバックナ
ンバーを公開する際,ブタのイラストをGIFアニメにして公開して人気
も集めています。このブタのイラストやアニメーションを作ってくだ
さっている岸本ムサシさんにお話をうかがいました。

>岸本さんは元々はイラストレータではなかったそうですが。

 元々は照明デザインの事務所で7年間,照明デザイナーをしていまし
た。ビルやタワー,橋,寺院などのライトアップや公園の照明の計画
を立てる仕事です。そのころは実際の生活空間,つまり3次元の世界で
光や影を演出する仕事をしていたわけですが,そのうちにイラストや
映像といった2次元の世界で光や影を演出とどうなるだろうという興味
がふくらんできました。一言で言うと「ライトアップされた飛び出す
絵本」…そんなものを作りたいと思うようになったんですね。それか
ら立体のイラストやCG,映像表現などを勉強するようになり,現在に
至っています。

>普段,「ビギナーズ・クエスチョン」のイラストを作る以外はどん
なお仕事をされているのですか?

 照明デザインをしていた経験から,現在もビルのエクステリアやイ
ンテリアに関連する映像や画像を作る仕事をしています。最近だと,
ホテルの公共スペースの壁面にプロジェクターで投影するための環境
映像などを作りましたね。

>本誌では質問の内容を大胆に解釈したイラストが特徴的です。どの
ようにアイデアをしぼっていらっしゃいますか?

 イラストのアイデア出しをするときには,まずは「このテーマを何
かまったく別の身近な事柄に置き換えて,表現できないか」と考えて
います。時には,結構バカバカしいものも浮かびます。そういったも
のも含めていくつかのアイデアが出たら,いったん忘れて別のことを
したりします。そしてしばらくしてからもう一度思い出し,いくつか
に絞っていきます。食事をしたり,風呂につかったりしながら考える
ことが多いですね。残ったアイデアについて,最終的に担当編集(平
野)と相談しながら固めていく感じです。このアイデアをブラッシュ
アップする作業がかなり楽しい時間になっています。

>Webではブタくんたちがアニメになっていますが,本誌のイラストを
アニメにする過程で苦労すること,ごだわっていることがあれば教え
てください。

 本誌のイラストのアイデア出しをしている段階ではアニメにすると
きのことを考えないようにしています。「考えないよう極力自制して
いる」と表現した方がいいのかもしれません。というのも,イラスト
は「一枚の絵」という制限があるので,時間の流れを表現できるアニ
メーションとはまったく別だからです。ただ,そうして作ったイラス
トをアニメにするのはやっかいな作業です。「どうやって動かそう…」
とかなり悩みます。場合によっては,場面を追加しないとまったく伝
わらないこともあるんです。

>最後に読者の方へメッセージがあればお願いします。

 今後も本誌のイラスト,Webサイトのアニメともに少しでも楽しくご
覧いただけるようにがんばりますのでお付き合いいただければと思い
ます。もし「あの回のイラストはわかりにくかった」「もっとかわい
くできないの?」などのご意見がありましたらお寄せいただきたいで
すね。

>ありがとうございました。

============================================================================

5.今号のリンク

最新の2007年2月号で紹介したURLを,コラム別にまとめました。

----------------------------------------------------------------------------
●今月の逸品「LANブロッカー LD-DATABLOCK01」(p.76)

製品情報のWebページ
http://www2.elecom.co.jp/cable/accessory/ld-datablock01/

----------------------------------------------------------------------------
●Roads to Node管理人エイジの「僕の勉強日記」(p.78)

ネットワークの勉強サイト「Roads to Node」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/

----------------------------------------------------------------------------
●こちらセキュリティ相談室(pp.138~143)

英メッセージラブズの迷惑メールに関する調査の発表資料
http://www.messagelabs.com/portal/server.pt/gateway/PTARGS_0_5885_476_319_-319_43/http%3B/0120-0176-CTC1/publishedcontent/publish/about_us_dotcom_en/news___events/press_releases/DA_174397.html

IPひろば
http://www.iphiroba.jp/

S25R(selective SMTP rejection)に関する開発者の報告
http://www.gabacho-net.jp/anti-spam/anti-spam-system.html

S25Rの細かな実現方法を書いた佐藤潔さんのWebページ
http://k2net.hakuba.jp/rgrey/

ブラックEリスト・データベースを提供するRBL.JP
http://www.rbl.jp/

迷惑メール・フィルタリング・ソフト「SpamAssassin」の日本のユーザー会
http://spamassassin.jp/

迷惑メール・フィルタリングのフリーソフト「POPFile」のダウンロード先
http://popfile.sourceforge.net/

日経NETWORKのメッセージング・セキュリティに関する製品技術セミナー
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw2007/

----------------------------------------------------------------------------

●展示会/セミナー

NET&COM 2007
http://expo.nikkeibp.co.jp/netcom/

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2007
http://www.wt-park.com/

情報セキュリティEXPO
http://www.ist-expo.jp/

基礎から学ぶ「情報セキュリティ技術対策」
http://www.rhc.co.jp/h-resource/seminar_066.php

ネットワーク設計構築演習
http://www.globalknowledge.co.jp/reference/Reference.asp?KBN=1&DCODE=7&SCODE=11&PCODE=299

the Microsoft Conference 2006
http://www.event-registration.jp/events/msc06/

============================================================================

6.今月のおさらい

日経NETWORK(http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/)では毎週木曜日に今
週のクイズを公開しています。過去1カ月に紹介したクイズを紹介します。
あなたのネットワーク実力チェックにぜひご利用ください。

●高画質コンテンツを非圧縮で伝送する無線通信技術「WirelessHD」で
使う無線周波数は次のうちどれでしょうか。
1) 5GHz帯
2) 27GHz帯
3) 60GHz帯
4) 85GHz帯
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070117/258873/

●次のうち「man in the middle攻撃」の説明をしているものはどれで
しょう?
1) 外部から操作可能なプログラムをこっそり組み込んだ多数のパソコ
ンを操作し一斉に攻撃する
2) ユーザーがキーボードに入力した情報を収集して外部に漏らす
3) 通信の途中に割り込んで中身を盗み見たり改ざんしたりする
4) なりすましたメールやWebサイトを用意し重要な情報を盗む
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070117/258917/

●照明用の白色LEDを使った可視光通信では,どの程度の速度のデータ
通信が可能になるでしょうか。
1) 5kビット/秒程度
2) 50kビット/秒程度
3) 500kビット/秒程度
4) 5Mビット/秒程度
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061226/257788/

●次のROADMに関する説明で間違っているのはどれでしょう?
1) 装置間でデータを転送するパスをリモートから変更できる
2) 波長の異なる光信号を混ぜたり取り出したりする
3) 光コア・ネットワーク向けの伝送技術である
4) 光信号を電気信号に変換して高速にやりとりする
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061219/257285/

============================================================================

7.編集部からのお知らせ

●『絶対わかる! ネットワーク超入門(増補改訂版)』を発売しました
大好評の超入門シリーズ第1巻がさらにパワーアップして新登場。ネット
ワーク技術を基礎から学ぶのに最適な一冊としてご好評の「絶対わかる!
ネットワーク超入門」を増補改訂しました。専門的な予備知識がなくて
もビジュアルな図解と懇切丁寧な記述で最新技術が身につけられるとい
う特徴はそのままに,最新の技術内容を追加して 大幅にページ数を増や
しました。ネットワークを基礎から,体系的に学びたい人に最適です。

価格は税込みで1995円。書店のほか,書店や本誌折り込みのはがき,以下
のURLからお申し込みいただけます。
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nnw/books/netbeginner.html

●読者セミナー「ネットワーク機器講座」の第2回を開催します。
 今回のテーマは「メッセージング・セキュリティ」。企業活動に欠
かせない存在となったメッセージング技術は,スパム,フィッシング,
ウイルスなど,次々と現れる脅威に常にさらされています。セミナー
では,本誌「セキュリティ相談室」でおなじみの園田道夫氏の講演に
加え,機器ベンダーの方から実際のセキュリティ製品の使い方や技術
的な特徴,製品選択のポイントを解説してもらいます。
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw2007/
 
============================================================================

8.次号(2007年3月号)予告

●特集1 「最新バックアップ・テクニック」
 大事なときにネットワークが壊れるといった体験は誰にでもあるも
の。急がないならじっくり直すということもできるのですが,そうは
いかないこともあります。そこで考えておきたいのがバックアップ。
バックアップというと大変な手間をお金がかかりそうなイメージがあ
りますが,実はそうでもありません。最近では,普通の製品にもバッ
クアップ機能が組み込まれていたりします。そこで,手軽なバックアッ
プをどのようにして実現するのかを状況別に探っていきます。イン
ターネット接続のバックアップ,LANのバックアップップ,ルーターの
バックアップなど,幅広く取り上げます。ご期待ください。(阿蘇)

●特集2『マルチキャストに強くなろう』
 最近,マルチキャストという技術が注目を集めています。さまざま
な意味で使われていますが,もともとはIPパケットの転送方式です。
IPパケットの転送方式には,ユニキャスト,ブロードキャスト,そし
てマルチキャストの3種類があります。ここにきて,マルチキャスト
を利用した映像配信サービスなどが始まり,注目を集めるようになっ
たというわけです。ところが,ユニキャストやブロードキャストの解
説記事はよく見られますが,マルチキャストのしくみを取り上げた
ものはほとんどなかったと言っていいでしょう。3月号の特集2では,
プロトコルのしくみ,実際のサービスでのインフラ構成,ルーターな
どの装置の実装など,マルチキャストをさまざまな面から解剖してい
きます。(高橋)

●図解で学ぶネットワークの基礎『SMTP/POP3』
 今回取り上げるのは,電子メールの送信と受信で使う「SMTP」と
「POP3」というプロトコルです。日常的に利用しているメールがどう
やって自分の手元まで届いているのかを,この記事を通して一度じっ
くり振り返ってみましょう。このコラムの名物となっている,かわい
い新キャラも登場しますので,お楽しみに。(堀内)

============================================================================

★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

============================================================================
Copyright(C) 2007,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3