PR

 米Adobe Systemsが米国時間3月19日,「Apollo(アポロ)」(開発コードネーム)のアルファ版を公開した。ApolloはクロスOSのアプリケーション実行環境(ランタイム)。提供を始めたのは,WindowsとMac OS X向けだが,将来はLinux版も提供する予定という(関連記事)。

Webブラウザを使わないWebアプリケーション

 Apolloを一言で表現すると,「HTML,JavaScript,FlashといったWeb技術を用いたデスクトップ・アプリケーションの利用を可能にするクロスOSのランタイム」(Apolloプロダクト・マネージャMike Downey氏/Adobeサイトに掲載のデモ映像)。

 その特徴はいくつもあるのだが,まず挙げられるのが,Webアプリケーションの利用にWebブラウザを使わないという点である。ユーザーはさまざまなWebアプリケーションを,それぞれに提供される専用ソフトを使って利用する。これまでのように汎用Webブラウザですべてのサービスを利用するという考え方とは大きく異なる。これによりユーザーはWebブラウザの制約から解放され,より操作性のよいユーザー・エクスペリエンスを享受できるという。一方アプリケーションを提供する企業側にもメリットがある。Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)を駆使した複雑なアプリケーションを作らなくてよくなり,開発期間/費用が縮小される。またApolloは,1つのソフトウエアを提供すればWindows,Mac OS,LinuxのどのOSでも動く。OSの垣根を越えて多くのユーザーに同じサービスが提供できるようになるという。

ローカル・データとマッシュアップ

 Apolloのインストールはいたって簡単である。今回のアルファ版の場合,まずAdobe LabsのサイトからApolloのランタイムをダウンロードする。今のところApolloはWindows XP SP2とVista Home Premiumに,Macintosh版はMac OSX 10.4(PowerPCおよびIntel Mac)に対応している。Apolloアプリケーションは,Adobe Labs内のShowcaseサンプル・アプリケーション・ページに紹介されているものがダウンロードできる。

 筆者は試しに「Maptacular」という地図アプリケーションをダウンロードしてみた(写真1)。これは,「Google Maps」を利用するためのデスクトップ・アプリケーション。一見Google Mapsに特化した専用ブラウザのようにも思えたが,ユーザーPCのローカル・データと連携するところがWebブラウザと異なる。Google MapsというWebアプリケーションが提供する地図情報と,ユーザーのローカル・コンテンツをマッシュアップさせ,新たなサービスを提供している。今回残念ながら,どういうわけか筆者のパソコン環境では再現できなかったのだが,オーストラリアiTnews.comのレポートによれば,vCard形式のデジタル名刺をこのApolloアプリの画面にドラッグ&ドロップすると,その住所を地図上に表示するといった機能を備えているという。また自宅と会社の住所のアドレスをドラッグ&ドロップすればドライブ・ルートが表示される。そのルート・マップは保存することが可能。これによりパソコンがオフラインのときでも閲覧でき,デスクトップ・アプリケーションならではのメリットがあるという。

写真1●Apolloアプリケーションの「Maptacular」
写真1●Apolloアプリケーションの「Maptacular」
「Google Maps」のサービスとユーザーのローカル・データを“マッシュアップ”
[画像のクリックで拡大表示]

 前述のApolloプロダクト・マネージャMike Downey氏によるデモの映像では,米eBayのオークション・サービス用Apolloアプリを紹介している。そこではeBayから提供される情報をデスクトップにドラッグ&ドロップし,それをExcelで開いたり,オフライン時に入力しておいた情報を,ネット接続した際に自動アップロードするといった機能を実演をしている。ドラッグ&ドロップ操作など,デスクトップ・アプリケーションならではのスムーズな動作やユーザー・インタフェースがApolloアプリの特徴と同氏は説明している。

「ガジェット」のように手軽

 またオンライン/オフラインのいずれでも利用できるというのがApolloの“ウリ”で,小型携帯機器分野における利用を想定したとき,Apolloはその本領を発揮するのだという。外出先では常にネット接続が確保されるとはいえない。オフライン時に情報を入力しておき,ネット接続した際にそれらをWebアプリケーション側に送り,情報をアップデートする。CPUパワーやメモリー容量の少ない携帯機器では,こうした処理をWebアプリケーションにまかせるのが最も効率的。携帯機器側では軽くて"サクサク"動くミニアプリだけで済ませようという考え方である。前述のiTnews.com記事では,Apolloの初期バージョンは,携帯機器をフルサポートしないと報じているが,将来的に携帯端末はApolloの有力な市場になると予測している(iTnews.comの記事)。

 確かにApolloは軽量である。今回筆者がダウンロードしたGoogle Mapsのアプリは700Kバイトにも満たない。一度ランタイムをインストールしてしまえば,あとは自分の好みのApolloアプリをどんどんダウンロードするだけ。実に手軽である。ちょうどMac OS Xの「ウィジェット」やWindows Vistaの「ガジェット」のようである。NTTドコモの「iアプリ」といってもよいのかもしれない。ちなみにApolloの正式版では, ランタイムがインストールされていない環境に,Apolloアプリとランタイムを同時インストールするという手段も用意するのだという。これによりユーザーの煩わしさを解消し,Apolloを普及させたいという考えのようだ。なおランタイムの容量自体もそれほど大きいものではない。今回,筆者がダウンロードしたMac OS X用ランタイムのイメージ・ファイル容量はわずか8Mバイト弱。ダウンロードとインストールはあっという間だった。