PR

開発サイクルが短くなり、やっとチームの雰囲気に慣れたと思ったころ、もう別の客先に移らなければなりません。「自分は一体、どの組織に属しているのか」と、無性に不安になります。
(システム・インテグレータ勤務、SE/男性・32歳)

A: 会社への依存心を捨てて プロの自覚を持て

 これは,自分の会社にいるより客先に常駐する時間が圧倒的に長いエンジニアに共通する悩みでしょう。特に若手にとって,会社はバーチャルな存在でしかなくなりつつあります。その背景には,IT企業の多くが現場のSEをつなぎ止める求心力を低下させている現実があります。社員に対して夢や希望を与える,待遇面で社員を満足させる,といった仕組みをうまく構築できていないため,社員が帰属意識を持てないのです。

 こうした状況を打破するために,エンジニア個人ができることは2つあります。1つは,逆説的に聞こえるかもしれませんが,会社に対する依存心を捨てること。「組織の一員である前に,プロの職人だ」という自己認識を持つのです。プロとしての自覚さえあれば,どこで働いていても,不安を感じることはないはずです。そのためには,どこに行っても通用する実力を身に付けなければなりません。

 もう1つは,あなた自身が会社の体質や環境を変えていくことです。「現状では,将来の展望が開けない」,「客先での働きを正当に評価されない」といった不満があったら,上司に堂々と進言してください。生意気に見られてもいいじゃないですか。会社の将来にとって,大事なことを忠告するのですから。もし,進言が受け入れられないような組織だったら,転職を考えてもよいでしょう。ただし,進言するにはあなたがプロとしての信頼を十分得ている必要があることを,念のため申し添えておきます。

 会社は,社員に教育の場や成長の機会を与える。社員はそれらを十分に享受し,自立したプロの職人として会社に利益をもたらす。その貢献に対して,会社は十分に報いる。こうしたプラスの連鎖を生むために,まずあなたから行動しましょう。

奥井 規晶(おくい のりあき)
1959年神奈川県出身。84年に早稲田大学理工学部大学院修士課程修了。日本IBMでSEとして活躍後,ボストン コンサルティング グループに入社。戦略系コンサルタントとして事業/情報戦略,システム再構築,SCMなどのプロジェクトを多数経験。その後,アーサー・D・リトル(ジャパン)のディレクターおよび関連会社のシー・クエンシャル代表取締役を経て,2001年にベリングポイント(元KPMGコンサルティング)代表取締役に就任。2004年4月に独立。現在,インターフュージョンコンサルティング代表取締役会長。経済同友会会員,日本キューバ・シガー教育協会専務理事。