PR
(2007年1月1日~4月22日)
1位 シフトJISを捨てられるか?
2位 フリーメールの盲点
3位 不二家事件で痛感した「内部統制」の限界
4位 ITと携帯電話で成功した韓国,失敗した日本
5位 狐につままれたアイピーモバイルの会見
6位 「HTML画面をそのまま仕様書に」,5カ月で1000画面を構築した就職サイトPuffの高速開発手法
7位 「Second Life」の記事が急増中,ちょっと違和感あり
8位 なぜ彼らは空を飛び海を渡り膝を突き合わせてプログラムを書くのか
9位 SIMロックや販売奨励金の廃止は日本の端末メーカーにトドメを刺す?
10位 英語を超えた日本語ブログの投稿数,その理由は?
11位 WBC優勝で見せたイチローの興奮に思う
12位 誰も知らない脆弱性の恐ろしさを考えた
13位 自己啓発に悩んでいるあなたへ
14位 「業界用語」は面白い
15位 ウイルス対策ソフトは「戦国時代」の継続を
16位 より高速な接続を目指して,有線LANへの誘惑
17位 ウィキペディアの肩書詐称で実名のデメリットを考えた
18位 我々は改革者 Googleを追えているのか
19位 CSK創業者,大川功氏の七回忌に思う
20位 北京でSIMロックを外された日本製携帯電話を探してみた

 取材・編集活動で感じたことを,記者が自らの意見を交えながら真正面から取り上げるのが「記者の眼」だとすると,「記者のつぶやき」は,取材・編集活動だけでなく日常生活における記者の個人的な関心まで,幅広いテーマを扱っているコラムだ。記者の関心の赴くまま,その時々のニュースからデジタル家電やフリーメール,さらにはIT業界におけるビジネスモデルを確立した経営者の思い出まで,様々なテーマが取り上げられている。

 ランキング上位を眺めてみると,何らかの形で最新ニュースに関係した“時事性”のある話題に人気が集まっている。

 例えば,1位の「シフトJISを捨てられるか?」は,Windows Vistaの登場時に懸念された文字コード問題を扱ったもの。これ以外にも,不二家の不祥事をきっかけに,企業のリスクマネジメントや内部統制を論じた「不二家事件で痛感した『内部統制』の限界」,「携帯電話事業への新規参入を断念か?」というニュースを受けて開かれた記者会見の様子を伝える「狐につままれたアイピーモバイルの会見」などの時事ネタがよく読まれている。

 こうした時事ネタ以外では,メール,携帯電話,ウイルス対策といった一般的な話題を,ちょっとひねった視点から取り上げたコラムが上位にランクインしている。2位の「フリーメールの盲点」もその1つで,無料のメール・サービスにおけるアドレス再利用の問題を扱ったものだ。