PR

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

7 ネットワークの設定

 インストーラがパソコンのネットワーク・カードを自動認識すると,この画面が表示されます。ネットワーク上にブロードバンド・ルーターなどのDHCPサーバーがある場合はそのまま「次」をクリックします。

 また,サーバー用途のように,固定IPアドレスを割り振りたい場合やDHCPサーバーが存在しない場合は,「編集」ボタンをクリックします。次に「動的IP設定を使用する(DHCP)」のチェックを外して,IPv4の項目にIPアドレスとネットマスクを入力します。また,IPv6のIPアドレスが分からない場合は「IPv6サポートを有効にする」のチェックを外します。設定ができたら「OK」をクリックします。

 ネットワークの設定画面に戻ったら,「ホスト名」にホスト名とドメイン名を,「ゲートウェイ」にデフォルト・ゲートウェイのIPアドレスを,「1番目のDNS」にDNSのIPアドレスを入力します。設定ができたら「次」をクリックします。



[画像のクリックで拡大表示]

8 タイムゾーンの選択

 Linuxの起動で使用するブートローダーを設定します。ブートローダーには「GNU GRUB」が利用できます。

 タイム・ゾーンを設定します。地図上の東京の位置をクリック,あるいは画面下の項目の中から直接「アジア/東京」を選択します。また,「システムクロックでUTCを使用」のチェックを外しておきます。



[画像のクリックで拡大表示]

9 rootパスワードを設定

 次にrootのパスワード(6文字以上)を設定します。設定したパスワードを忘れないようにしてください。アルファベットについては,大文字と小文字が区別されるので注意が必要です。パスワードは確認のために2回入力します。