PR
システム
管理
 
印刷
管理者のパスワードが必要

 この設定ツールを起動するには,管理者(ルート)のパスワードが必要になります。以下のようなダイアログは表示されたら,管理者のパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。

 プリンタの追加やプリンタの設定などを行える。また,通常利用するプリンタやプリンタのテスト印刷なども行える。

サーバーの設定
(1) 新たなプリンタを追加する場合にクリックする。追加はウイザード形式で設定を行う
(2) 新しい情報に更新する
(3) 他のマシンで公開されているプリンタについても表示する
(4) システムに接続されているプリンタを共有する
(5) リモートからのプリンタの管理を許可する
(6) 他のユーザーが印刷しているジョブでも一般のユーザーがc融資することを許可する
(7) 動作状況をログに保存する
ローカルプリンタ
[設定]タブ
(1) システムに登録されているプリンタが一覧される
(2) 選択したプリンタの情報が表示される
「説明」・・・プリンタの名称
「場所」・・・プリンタが設置された場所
「デバイスのURI」・・・プリンタの接続しているURI
(3) プリンタが利用しているドライバの情報が表示される。[変更]ボタンをクリックすると,ドライバを変更できる
(4) 現在のプリンタの状態を表示する
(5) プリンタの状態を設定する
「可能」・・・・このプリンタでの印刷を許可する
「ジョブの受け入れ」・・・・このプリンタへの印刷ジョブを受け入れる
「共有」・・・・このプリンタを共有する
(6) このボタンをクリックすると,通常利用するプリンタに設定される
(7) テスト・ページを印刷する
[ポリシー]タブ
(1) 印刷の開始時と終了時につけるバナーの種類を指定する
(2) ポリシーを指定する。「エラーポリシー」では印刷中にエラーが発生した場合にどのような動作をするか指定する
[アクセス制御]タブ
(1) 印刷の権限をユーザー名で制御できる。
「次のユーザーを除いて全員に印刷を許可する」・・・下の一覧に登録されているユーザーの印刷を禁止する
「次のユーザーを除いて全員に印刷を許否する」・・・下の一覧に登録されているユーザーのみ印刷を許可する
[プリンターオプション]タブ
(1) 各プリンタの詳細設定を行う。設定項目はプリンタによって異なる
[ジョブのオプション]タブ
(1) 印刷の際のオプションを指定する。例えば複数枚の印刷夜陰冊方向の指定などが行える。設定項目はプリンタによって異なる