PR
[画像のクリックで拡大表示]

 CD-R/RWとDVD±R/RWに対応したライティング・ソフト。統合デスクトップ環境のKDE向けに開発された。操作しやすいグラフィカルなユーザー・インタフェースを備えており,手軽に各種光メディアへのデータの書き込みが行える。

 基本操作は簡単だ。作成用途別に用意された「プロジェクト」の中から希望するものを選択し,書き込むデータの構成を決める。後はCD-R/RWやDVD±R/RWに直接書き込むだけだ。

 KDE上でK3bを起動した場合は,Webブラウザ兼ファイル・マネージャの「Konqueror」などから,ドラッグ・アンド・ドロップすることで,書き込みたいファイルやディレクトリをK3bに取り込める。

 機能も豊富である。書き込めるデータは,DVDビデオ,オーディオCD,データCDなどの多種多様な形式のほか,ミックス・モードでのCDの作成や,CD-ROMから起動して動画を自動再生するeMovix CDの作成,同DVDの作成なども可能である。ボリューム調節ソフト「normalize」などと連携して,記録時に音楽データの音量を適切に調節できる。CDやDVDからの直接コピーも可能だ。

 さらに,オーディオCDのデータをMP3やOgg Vorbisなどの形式に,DVDビデオのデータをDivXやXviDの形式にエンコーディングする機能も備える。


ジャンル:CD/DVDライティング
作者:Sebastian Trueg氏
ライセンス:GPL
URL:http://www.k3b.org/