PR

正解:1
 新しいコンピュータをドメイン・コントローラおよびDNSサーバーとして追加し,合わせてDNSゾーンの種類をActive Directory統合にすることで,DNSサーバーの冗長構成が可能になる。1台のDNSサーバーに障害が発生した場合でも,DNSクエリに対する名前解決やDNSゾーンのデータの更新などは継続して実行できるようになる。

 Active Directory統合ゾーンは,ゾーンをActive Directoryに格納するゾーンであり,マルチマスタ構成をとる。つまり,Active Directory統合ゾーンは読み取りのみではなく,書き込みもできるゾーンである。クエリに対する名前解決だけでなく,DNSゾーンのデータの更新も,どのActive Directory統合ゾーンを使用しても行える(図1)。Active Directory統合ゾーンにはほかにも,ゾーンがセキュリティで保護される,ゾーン転送の代わりにActive Directoryの複製トラフィックを利用する--などのメリットがある。

図1●Active Directory統合ゾーン
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし,ゾーンはActive Directoryに格納するので,ドメイン・コントローラ上でのみ構成が可能である。

 また,問題中では触れていないが,クライアント側のTCP/IP構成で,優先DNSサーバーに加えてセカンダリDNSサーバー情報も追加しておく必要がある(図2)。

図2●クライアントの構成
[画像のクリックで拡大表示]

 このシナリオでは,Active Directory統合のDNSゾーンが既に構成されているので,標準プライマリゾーンを作成するのは不適切である。ゾーン情報の同期が取れないからである。

 Active Directory統合ゾーンにしない場合は,標準セカンダリ・ゾーンを作成する。しかし,標準セカンダリ・ゾーンでは,DNSゾーンのデータは更新できない。従って,2)と4)は誤りである。

 メンバ・サーバー上には,Active Directory統合ゾーンは作成できない。Active Directory統合ゾーンは,ドメイン・コントローラ上にのみ作成可能である。従って,3)は誤りである。

 Windows Server 2003では,以下のゾーンを作成できる。

・標準プライマリ・ゾーン
・標準セカンダリ・ゾーン
・スタブ・ゾーン

 このうち,Active Directoryにゾーンを格納できるのは,標準プライマリ・ゾーンとスタブ・ゾーンを作成した場合である。標準プライマリ・ゾーンをActive Directoryに格納した場合を,特にActive Directory統合ゾーンと呼ぶ。

 スタブ・ゾーンは,他のDNSサーバーがホストしているゾーンのSOA(Start of Authority)レコード,NS(ネーム・サーバー)レコード,A(グルー)レコードのみ保持する。SOAレコードは,そのゾーンやゾーン内のレコードのプロパティの元になる設定を含むレコードである。ゾーン構成時に作成される。NSレコードは,そのゾーンをホストしているDNSサーバーを示すレコードである。A(グルー)レコードは,NSサーバーのIPアドレスを示すレコードである。

 また,Windows Server 2003では,他のDNSサーバーでホストしているゾーンをポイントする方法として,ゾーンの委任と,条件付きフォワーダがある。

 ゾーンの委任は,サブ・ドメインのDNSサーバーを指定する構成である。親ドメインのゾーンで,サブ・ドメインのDNSサーバーに対して委任設定をして構成する。設定したときのDNSサーバー情報は自動更新されないので,委任したDNSサーバーに変更があった場合は管理者が手動で変更する必要がある。

 条件付きフォワーダは,特定のドメインごとにクエリを転送するDNSサーバーを指定する設定である。DNSサーバーのプロパティ設定として,構成する。

 それぞれの特徴は次の表の通りである。

表●各種のゾーンの特徴
ゾーンの種類 レコード ゾーン転送の
トラフィック
使用例 備考
標準プライマリ・ゾーン 全て (自らがオリジナル) マスタ
標準セカンダリ・ゾーン 全て 部門内
Active Directory統合ゾーン 全て 増(AD複製で行う) マスタ ドメイン・コントローラ上にのみ作成可
スタブ・ゾーン SOA,NS,A(グルー) 微増 部門間
ゾーンの委任 NS,A(グルー) ―― 部門間 サブ・ドメインのみ委任可NS情報管理要
条件付きフォワーダ なし ―― 企業間

 WindowsのActive Directoryでは,DNSが必須である。ドメイン・コントローラ上に作成するActive Directory統合ゾーンは,Active DirectoryのDNSを運用する上でメリットが多いので,ぜひ活用してほしい。