PR
モラルの低い利用者が組織を脆弱にする

 情報システムは、ネットワークでつながっている。そのために、組織のセキュリティは、鎖に例えられることがある。錆びたり、傷ついたりした弱い部分があると切れてしまうのである。安全の鎖が切れると、セキュリティは維持できない。個々の利用者は、ネットワークを構成する一員であることを認識し、セキュリティ対策の役割を果たす必要がある。そのためには、利用者の規範に沿った正しい利用を心がけたい。モラルの低い利用者こそ、組織に脆弱性をもたらす最大要因である。

(文・ITセキュリティ標語研究会、事務局=
シーア・インサイト・セキュリティ


ITセキュリティ標語研究会:IT経営とセキュリティにかかわる問題とその解決策を「標語」の形にまとめ、社会に発信することを目的とした有志の集まり。主要メンバーは、大手企業の元情報システム責任者、セキュリティ関連ベンダー、ジャーナリストである。