PR

 「PostgreSQLとOracleを検証した結果,工夫すればPostgreSQLでも可能だと判断した」――郵便貯金カード普及協会のシステム開発を担当したNTTデータの渡部広志氏は,PostgreSQLの採用理由をこう説明する。

 システムで処理しなければならないのは,約500万人分の会員データ。会員は今も増えており,システムの仕様としては会員数1000万人を想定している。PostgreSQLの検索性能は検証した結果高いことが分かったが,1000万人規模のシステムで使うにはPostgreSQLの標準機能だけでは足りなかった。

  • どんな検索でも10秒以内 <上>
  • クラスタリング機能を自作 <下>