PR

 「仕様変更が多発しながら全工程が6カ月で済んだのは,“魔法の杖”のような方法論や手法があったわけではなかった」――日興コーディアル証券の新システム開発を担当したシンプレクス・テクノロジーの奥山高啓氏は,プロジェクト完遂の要因に「ユーザーの素早い意思決定と割り切り」,「短期開発と仕様変更に対するメンバーの気構え」を挙げる。

 振り返れば“人が決め手”だった。とはいえ,開発の進め方や環境面での工夫も,できる限りの手立てをつくした。主なポイントは,(1)仕様決めや開発における並行作業(図1[拡大表示]),(2)画面やロジックなど開発対象の独立性,(3)市販フレームワークを使った“ジャンプ・スタート”――の3つである。

  • 新商品に早期参入したい <上>
  • 画面とロジックをAPIで分ける <下>