PR

 MPLSは、ネットワークのバックボーンで使われるデータ転送技術である。RFC3031などで標準化されている。
 IPネットワークを構成するルーターはもともと、IPパケットに書かれたIPアドレスを読み取ってパケットを次々と転送する。すべてのルーターがこうした処理を繰り返すことで、IPパケットは正しいあて先まで届く。
 しかし、この方法でIPパケットを転送するとなると、大量のパケットを扱う基幹部分のルーターで処理が追いつかなくなる可能性がある。そこで考案されたのがMPLSである。

 MPLSは、電話の仕組みと同じように、最初に送信元からあて先までのルーターで経路(パス)を設定して、そのパスにパケットを流すことで高速化を狙った技術である。
 MPLSでは、バックボーンの入り口にあるルーターが、レイヤー3プロトコル(IPなど)のヘッダーとレイヤー2プロトコル(PPPなど)のヘッダーの間に、「シム・ヘッダー」という4バイトの情報を追加してバックボーン内に転送する。シム・ヘッダーには20ビットの「ラベル」が含まれていて、このラベルでパスを識別する。通信開始時に、ルーター間でラベルとパスを関係付けておくことで、高速なパケットの転送が可能になる。
 ただし、現状はMPLSを高速化技術として利用しているケースはほとんどない。なぜなら、ルーターの処理性能が向上したことで必要なくなったからである。現在、MPLSは主に企業向けサービスのIP-VPNや広域イーサネットなどの基幹部分で利用されている。

 MPLSではシム・ヘッダーを2重、3重に付けることも可能である。バックボーン内を転送するためのシム・ヘッダーとは別にユーザーを識別するためのヘッダーを付けて複数のユーザーの仮想ネットワークを1つのバックボーン上で実現するのである。