PR

 2GHz前後の広大な帯域を使うことで数百Mビット/秒超のデータ転送を実現する無線通信の総称。通常の帯域が数十MHz程度であることから、超広帯域の名が付いた。技術的には、周波数帯をどう利用するかで大きく2つの方式がある。インパルスを使う方式と、複数の搬送波を使う方式だ。

 前者は「インパルス」と呼ばれる立ち上がりと降下の時間が極めて短い信号を使う。インパルスの有無によって0と1を高速に伝送する。インパルスの立ち上がりから降下までの時間が短いほど高速に通信できることになるが、このインパルスの時間の幅は占有する周波数帯域と逆比例する。例えば時間幅が1ナノ秒のインパルスは1GHzの帯域にわたる信号になる。インパルス型のUWBとしては、米モトローラや情報通信研究機構などが推す「DS-UWB(Direct Sequence UWB)」がある。

 後者は、情報を乗せる波(搬送波)を多数設けることでデータ転送速度を上げる。搬送波を使う無線技術としてIEEE802.11a/g準拠の無線LANなど広く使われている「OFDM」を、超広帯域に拡張した。OFDMによるUWBとしては、米テキサス・インスツルメンツや米インテルなどが推す「WiMedia UWB」がある。

 DS-UWBとWiMedia UWBの2仕様は、高速無線通信の標準化を担当するIEEEの802.15.3aタスク・グループで標準の座を争っている。超低消費電力を目指す IEEE802.15.4aタスク・グループでは、DS-UWBが骨子となることが決まっている。

 標準化を横目に、デファクト・スタンダードを巡る争いが活発化している。WiMedia UWBは、USBの無線版仕様「Wireless USB」での採用が決まった。DS-UWBは、ハイビジョン映像を無線伝送するテレビなど、組み込み向けに活路を見いだす。本格的な製品化は2006年以降の見込みだ。