PR

 WiMAXは,都市部での利用を想定した広域サービス向けの無線通信技術である。国内では、YOZANやKDDI、ソフトバンク系のBBモバイルなどがサービス提供を視野に入れ、WiMAXの実用実験を実施した。今、最も注目を集める無線通信技術といえる。

 WiMAXの仕様はIEEE802.16で標準化する。規格は主に、(1)2004年6月に規格が固まったIEEE802.16-2004と、(2)2005年中に標準化される予定のIEEE802.16e ---2種類がある。

 IEEE802.16-2004は固定局間の通信向け規格。20MHzの帯域幅を使い、最大約75Mビット/秒のデータ伝送を実現する。最大伝送距離は7k~10km程度になる。

 一方のIEEE802.16e は、802.16-2004を包含する規格で、モバイル端末で使うことも想定している。時速120kmで移動していても通信できるようになる見込みだ。最大20MHzの帯域幅を使うことで、伝送速度の理論値は最大約75Mビット/秒に達する。

 両者とも、変調方式に地上波デジタル・テレビ放送などで使われるOFDMをベースとした技術を採用する。特に802.16eのモバイル向け仕様では、周波数帯域を効率的に使えるように、基地局が各端末との間の電波状況を逐次チェックし、動的に複数のキャリアをマッピングする高度な技術を取り入れている。

 WiMAX の実用化を推進する業界団体「WiMAXフォーラム」では、Wi-MAXに2.5G、3.5G、5.8GHzといった帯域を使うことを想定している。国内ではこれらの帯域は別の用途に割り当てられており、現状ではWiMAXに使えない。総務省は、管轄下の研究会でWiMAXで利用する周波数などの議論を進めている。研究会の結論を受けて、総務省が周波数の再編を進めることが、国内にWiMAXサービスが登場するための条件となる。