PR

 NTT東西のフレッツ・ADSLと契約すると,「フレッツ接続ツール」と呼ぶパソコン向けのソフトが配られる。これがないと,フレッツ・ADSLでインターネットに接続できない。なぜなら,インターネット接続事業者(プロバイダ)のユーザー認証を受けることや,プロバイダからIPアドレスを通知してもらうことができないからだ。

 このフレッツ接続ツール,その実体はPPPoE(ピーピーピーオーイー:PPP over Ethernet)というプロトコルのクライアント・ソフトである。ユーザー認証もIPアドレス取得も,このPPPoEが実行する。

 PPPoEはADSLとセットで使われることが多いものの,ADSL専用のプロトコルではない。実際,2001年8月から始まったNTT東西のFTTH(fiber to the home)サービス「Bフレッツ」もプロバイダ接続の方法としてPPPoEを採用する。今後のブロードバンド・インターネットの標準プロトコルと目されており,パソコンOSやブロードバンド・ルーターもPPPoEの採用を始めている。まさに旬のプロトコルといえる。

  • PPP---WAN接続の定番ツールを理解する(第1回)
  • PPP---WAN接続の定番ツールを理解する(第2回)
  • PPP---WAN接続の定番ツールを理解する(第3回)
  • PPP---WAN接続の定番ツールを理解する(第4回)
  • PPP---WAN接続の定番ツールを理解する(第5回)