PR

海を渡ったトヨタ流

「改善職場」を実現するために、日本では多くの企業が5Sをはじめとした「トヨタ流企業改革手法」を取り入れ始めた。この動きが中国へも広がりつつある。中国に進出した日本企業が「現場力」を底上げするために、この手法に着目したのだ。早速、現地に飛んで実態を追ってみた。そこで見えてきたのは、トヨタ流改革が定着するかどうかの要点だった。日本から来た“先生(伝道師)”が一方的に教え込むだけでなく、現地採用の幹部がこの改革の意図を理解し、率先して主導できる体制を築けているかどうかが成否の鍵を握る。

第1回 伝道師と現地幹部との連携が鍵 

第2回 オムロンヘルスケア(大連)、定着目指してシステム化 

第3回 ブラザー工業(珠海)、設備増強なく1.6倍の生産増 

第4回 ヨコオ(東莞)、離職率の高さを改善が補う 

第5回 日本航空(厦門)、表彰制度設けて改善の芽育てる