PR
 概要  
SSHプロトコルを使ってリモート・ホストと暗号化通信するコマンド。セキュリティを確保しながらリモート・ホストに接続できるため,telnetに代わって標準的に利用されている。利用方法には,1.リモート・ホストへログインして対話的にコマンドを実行する,2.実行するコマンドを引数として指定する,3.リモート・ホストとの間で暗号化トンネルを確立してポート転送する――の三つの形態がある。

 構文  
ssh [-l ユーザー名] [-v] [-q] [-1] [-2] [-4] [-6] [-N] [-b IPアドレス] [-e エスケープ文字] [-o オプション] [-p ポート番号] [-F 設定ファイル] [-i 秘密鍵ファイル] [-c 暗号方式] [-m メッセージ認証コード] [-L ポート番号:ホスト:ホスト側ポート番号] 接続先ホスト | ユーザー名@接続先ホスト [コマンド]

または

ssh -V

または

ssh --help

※主なオプションのみ記載している。


 利用環境  
Red Hat Enterprise Linux ○ (openssh-clients-3.6.1p2-18 にて確認)

 オプション 
-l ユーザー名ログインするユーザー名を指定する。
-vデバッグ・モードを有効にする。このオプションは最大三つまで重ねて指定できる。重ねていけば,より詳細な情報が出力される。
-q警告メッセージの出力を抑止する。
-1SSHプロトコルのバージョン1を利用する。
-2SSHプロトコルのバージョン2を利用する。
-4リモート・ホストへの接続に,IPv4アドレスを利用する。
-6リモート・ホストへの接続に,IPv6アドレスを利用する。
-Nリモート・ホストでコマンドを実行しない。ポート転送を行う際に指定する。
-b IPアドレスクライアント側で利用するIPアドレスを指定する。
-e エスケープ文字エスケープ機能を利用するモードへ遷移するためのエスケープ文字を指定する。デフォルトでは「~」がエスケープ文字として扱われる。SSH接続中に「~?」と入力すると,利用可能なエスケープ機能が表示される。
-o オプション設定ファイル(ssh_configファイル)に記述する形式でオプションを指定する。オプションの詳細は,ssh_config(5)を参照。
-p ポート番号リモート・ホストへの接続に利用するポート番号を指定する。
-F 設定ファイルSSH接続に利用する設定ファイルを指定する。
-i 秘密鍵ファイルRSA/DSA認証に用いる秘密鍵が格納されているファイルを指定する。
-c 暗号方式SSH接続にて利用する暗号方式を指定する。SSHバージョン2を用いた接続の場合には,暗号方式をカンマ区切りで指定することで利用優先順位を指定できる。
-m メッセージ認証コードメッセージ認証コードの利用優先順位を指定する。
-L ポート番号:ホスト:ホスト側ポート番号ポート転送機能を利用する。ローカル・ホストの指定した「ポート番号」へのTCP接続を,指定した「ホスト」の指定した「ホスト側ポート番号」へ,接続先ホストとの間で確立したSSHのトンネルを介して転送する。
-Vバージョン情報を表示する。
--helpコマンドの使用方法を表示する。


 使用例:ポート転送機能を利用してリモート・ホストに接続する(クリックで詳細表示)  
ssh -N -L ポート番号:ホスト:ホスト側ポート番号