PR
NEUSOFT Japan 簡国棟社長
NEUSOFT Japan 簡国棟社長

 「売り上げの半分以上は、ユーザー企業との直接取引によるもの。飛び込み営業もやる」。中国ソフト会社大手NEUSOFTの日本法人、NEUSOFT Japanの簡国棟社長は、同社のビジネスが日本のソリューションプロバイダからの下請け一辺倒ではないと主張する。自動車業界向けなどの組み込みソフト開発は、ユーザー企業からの直接受注が多いという。

 だが、今後もどんどん直接受注を増やすのかと聞くと、それには否定的だ。「日本のSIerとは得意とするところが違い補完関係にある」と協業関係を強調する。今後は中国市場の開拓でも日本のソリューションプロバイダと協業したい考え。「日本のユーザー企業が中国に進出するときには、中国企業である当社の強みと、日本の企業が持つ技術やビジネスモデルの両方が必要になる」と話していた。