PR

 企業のWebサイトは,サービス・製品の紹介,IR,採用,ECほか多くの目的に活用されています。Webサイトをより高いレベルで活用するために,(1)Webのブランディング活用への適合性,(2)サーチエンジン対応への適合性,(3)使い勝手のよさという観点から特定企業のWebサイトを独自に分析し,報告をお届けします。

第1回 キリンビールサイトのブランディング活用

 Webサイトにおけるブランディングとは,ターゲットとなるビジターへ,ブランドメッセージを届けるサポートを行うことにある。Webサイトの要素としては,(1)企業と事業を理解させるコンテンツがあり,リンクがあること,(2)Web以外のメディアの広報・広告と連動していること,(3)Webの利用を通じてブランドを体験してもらえること,をチェックする。

第2回 キリンビールサイトのSEO/LPOチェック

 ネットを通じて過剰なほどの情報がとびかう昨今,多くのネットユーザーはWebサイトを訪問するにあたって,Google,Yahoo!などの検索サイトを利用する。検索結果からWebサイトに引き込み,コンテンツを閲覧してもらえるかどうかは,1)検索サイトでの表示ランク,2)表示内容の適切さ,3)入り口となるページの構成によって決まる。

第3回 キリンビールサイトのユーザビリティチェック

 Webサイトを使うかどうかは,ユーザーが決める。その決め手は,お得か,便利か,そして使い勝手に問題がないかといった要因である。前回に引き続き,キリンビールのサイトを例に取って,サイトのユーザビリティ,アクセシビリティについてチェックした。

第4回 ヤマト運輸サイトのユーザビリティ

 ユーザビリティ,SEO(検索エンジン最適化)の視点から,ヤマト運輸のWebサイトを,トップページを中心に検証してみよう。

第5回 ヤマト運輸サイトのSEO/LPOチェック(その1)

 さて,今回はヤマト運輸のWebサイトを,SEOとLPOの視点からチェックしてみたい。SEOは,Search Engine Optimizationの略で,「検索エンジン最適化」と訳される。その目的は,検索エンジンから, Webサイトへの集客力強化を図ることだ。

第6回 ヤマト運輸サイトのSEO/LPOチェック(その2)

 ヤマト運輸のWebサイトについて,前回までにユーザビリティとSEOの視点から分析してきた。今回はLPO的な分析を少し深めてみよう。LPOは,Landing Page Optimizationの略で,「入り口ページ最適化」と訳される。その目的は,前述のSEOによって集客した利用者に,サイト内をしっかり見てもらうよう,誘導することだ。

第7回 ヤマト運輸の「Webブランド力」分析

 今回は「Webブランド調査2007-I」の結果を基に、「ヤマト運輸」のWebサイトについて競合すると思われる、「ゆうびんホームページ」(日本郵政公社)、「佐川急便」、「日本通運」の3サイトを比較してみよう。

第8回 明治製菓のWebブランド力

 今回は明治製菓サイトをWebブランド力の観点から見てみたい。3度にわたる調査で明治製菓サイトに寄せられた自由意見173件のうち,多かった意見は「楽しい」が25件,「かわいい」が23件と,親しみを感じさせる「愛され系」サイトであることがうかがえる。 

第9回 明治製菓サイトのSEO/LPOチェック

 今回は明治製菓のWebサイトをSEOとLPOの視点からチェックしてみたい。明治製菓のサイトに関するSEOで最初に取り上げたいのは,「チョコレート」というキーワードである。 

第10回 明治製菓サイトのユーザビリティチェック

 今回はサイト内の細かな要素ではなく,メーンターゲットが明確な場合のユーザビリティのポイントについて考えてみたい。明治製菓の「アミノコラーゲン」のブランドサイトという商品ブランドサイトを対象として,ターゲット・ユーザーに対して,「目的」を達成できているかどうかを調べた。