PR

 データベース。かつて1980年代から1990年代にかけて,パソコン3種の神器と言えばワープロ,表計算ソフト,データベースと呼ばれていた。ワープロならばジャストシステムの「一太郎」や管理工学研究所の「松」であり,表計算ソフトはロータスの「1-2-3」かマイクロソフトの「Multiplan」。そしてデータベースといえば日本アシュトン・テイトの「dBASE III」や管理工学研究所の「桐」が代表例だった。
 WindowsがOSの標準としての地位を確立してからも,ワープロや表計算ソフトは多くのユーザーに使われている。半面データベースは元気がない。マイクロソフトのオフィス・スイートにある「Access」が健闘しているものの,もはや必須のツールという感覚はない。
 だがデータベースがなくなってしまったわけではもちろんない。見えないところでデータベースは活躍している。どんなアプリケーション・ソフトであっても,データを取り扱うものである以上,何らかのデータの入出力は発生する。そのデータを貯めておくものであれば,データベースを備えているのだ。

  • ポストRDB(前編)
  • ポストRDB(後編)