PR

 高速で国際的に使えることを目指した第3世代移動通信システムはようやく軌道に乗り始めたところにある。現在サービス中のFOMAとCDMA2000 1xは,国際的に標準化されたIMT-2000という方式を使う。
 IMT-2000が標準化されたのは2000年。屋内(静止状態)で2Mビット/秒,歩行時に384kビット/秒,高速移動時(車などでの移動時)に144kビット/秒という高速性を実現する規格である。ただし,世界中で使えるという国際ローミングはまだ達成されていない。

  • 3.5世代技術に挑戦する二つの新方式(前編)
  • 3.5世代技術に挑戦する二つの新方式(後編)