PR

アルゴ21 太田清史社長
アルゴ21 太田清史社長

 「M&A(企業の合併・買収)は、両社の上層部の息が合っていれば必ず成功する。社員一人ひとりがどう思うかは、あまり関係がない。その点で今回はうまくいく」と、アルゴ21の太田清史社長は明言する。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)はアルゴ21に対し、株式の公開買い付けにより子会社化することを5月16日に発表した。2008年度にキヤノンMJは、アルゴ21をキヤノンシステムソリューションズと事業統合する計画だ。

 今回の件はキヤノンMJの村瀬治男社長が太田社長に直接打診したもの。太田社長は「(村瀬社長と)ビジョンが同じですぐに意気投合した」と打ち明ける。アルゴ21が子会社になる理由について太田社長は、「我々が世界市場で戦っていくためには、より強固な経営基盤を整える必要があったから」と話す。