PR
図1 nikkeibp.co.jpのNSレコードを問い合わせた画面
図1 nikkeibp.co.jpのNSレコードを問い合わせた画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2 あらかじめ用意したdig-batchファイルを実行して複数の問い合わせをまとめて実行している画面
図2 あらかじめ用意したdig-batchファイルを実行して複数の問い合わせをまとめて実行している画面
[画像のクリックで拡大表示]

dig @DNSサーバー ドメイン名 検索対象

 ネットワーク上でトラブルが発生した場合に,DNSサーバーのリソース・レコードが正しく設定されているかを確認したいことがあります。このような場合,digコマンドを使うことで,リソース・レコードの情報を確認することができます。例えば,図1では,192.168.100.249というIPアドレスのDNS サーバーに対して,「nikkeibp.co.jp」のNSレコードを問い合わせています。

 DNS サーバーに対して複数の問い合わせを一度に実行したい場合は,-Fオプションを指定してバッチ・モードで問い合わせます。そうすることで,DNSサーバーに対して一度に複数の問い合わせをすることが可能です。例えば,「nikkeibp.co.jp ns」「nttdata-kansai.co.jp ns」という2行を記述した「dig-batch」ファイルを用意します。そのdig-batchファイルを,-fオプションで指定することで,一度に「nikkeibp.co.jpのNS レコード」と「nttdata-kansai.co.jpのNSレコード」の二つを一度にを問い合わせられます(図2)。