PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2007/6/27(vol.26)

☆☆☆迷惑メール対策の特集をお届けしました☆☆☆

 こんにちは。編集長の藤川です。

 2007年7月号の日経NETWORKでは,第2特集で「迷惑メール対策 徹底
解剖」をお届けしました。私個人でいえば,自社の会社のメール・サ
ーバーに仕込んだ迷惑メール対策フィルタが働いてくれるおかげで,
以前に比べて手元に届く迷惑メールは極めて少なくなりました。しか
し,また最近になって明らかに迷惑メールとわかるメールが届くよう
になっています。セキュリティ対策や迷惑メール対策は,クラッカや
スパマーとの“いたちごっこ”だとよく言いますが,それを実感して
います。

 特集では,基本的な迷惑メールの手口/対策から,最新の手口/対策
まで,技術的な側面を中心に解説しています。ぜひお読みください。

 また,特集記事に関連して電子メール・システムに焦点を当てた読
者向けセミナー『第3回 ネットワーク構築講座 もう一度見直すメー
ル強化術』を開催します。概要は以下のとおりです。希望の方は,下
記URLより登録してください。みなさんの参加をお待ちしています。

<<『第3回 ネットワーク構築講座』開催概要>>
・開催日 2007年7月3日(火)12:30~17:40(予定)※開場は12:00~
・会場  ベルサール九段4F会議室
・受講料 無料
・主催  日経NETWORK
・定員  100名(予定)※定員になり次第締め切らせていただきます。
・申込URL http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw3/

 なお,先月の倶楽部メールでお伝えした“ネットワーク技術者向け
のポータル・サイトがオープンしました。「ネットワーク・エンジニ
ア倶楽部」(http://itpro.nikkeibp.co.jp/netengineer/)です。ぜ
ひアクセスして「お気に入り」や「ブックマーク」に登録していただ
き,ネットワーク技術に関する疑問が浮かんだときや,基礎技術につ
いて再確認したいとき,ネットワーク・コマンドのオプションを調べ
るときなど,さまざまな場面でご活用いただければと思っています。

 「ネットワーク・エンジニア倶楽部」を使ってみて,「こんなこと
ができるといい」とか「こんな記事が読みたい」など,ご意見やご要
望,ご感想がありましたら,neteclub@nikkeibp.co.jp までお寄せく
ださい。みなさんのご意見を反映させて,よりよいサイトにしていき
たいと考えています。

 本誌記事ならびに日経NETWORK倶楽部メールに関するご意見・ご感
想お待ちしています。送付先は以下の通りです。

e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

============================================================================

■INDEX
1.特集プラスワン
 ●携帯電話機の時計,合ってますか?
●タイム・スタンプの利用例「先使用権」を紹介します
 ●「迷惑メール対策のため」を装った詐欺が登場?
 ●「Cookie」と呼ばれるようになったワケ
2.「トラブルからの脱出」取材日記
 ●記事を授業で活用しているそうです
3.
4.Web連載インタビュー
 ●林 剛久(はやし たけひさ)さん
 ――「ルーター開発の最前線」担当
5.今号のリンク
6.今月のおさらい
7.編集部からのお知らせ
8.日経コミュニケーションからのお知らせ
9.次号(2007年8月号)予告

============================================================================

1.特集プラスワン

●携帯電話機の時計,合ってますか?

 読者のみなさまの携帯電話の事業者はどちらでしょうか。私はウィ
ルコムのPHSですが,電話機の時計は放っておくとどんどん狂ってい
きます。ところが友人の持つKDDI(au)の携帯電話機は非常に正確で
す。特に時間合わせしなくても1秒以上ずれることはないそうです。
別に携帯電話機が高級ということではありません。auの携帯電話機は,
すべて時計が正確なのです。

 もともとauの使うCDMA2000という通信方式は,携帯電話機の時刻
をマイクロ秒単位で合わせる必要があります。そのためにGPS受信機
を内蔵して正確な「GPS時刻」を取得しています。その時刻を表示す
る時計に反映させています。

 CDMA2000で携帯電話機が時刻を合わせるのは,通話中の携帯電話
機がアクセスする基地局を変えるときに,移動先の基地局の電波送受
信のタイミングに合わせる必要があるから。携帯電話機は,アクセス
中の基地局から隣接する基地局のミリ秒単位の送受信スケジュールを
教えてもらってタイミングを合わせています。このために,携帯電話
機だけでなく基地局もGPS受信機能を内蔵しています。このように基
地局と携帯電話機が時刻を合わせているCDMA2000は「同期型」という
こともあります。

 CDMA2000は,携帯電話機と基地局の時刻を合わせ,スケジュール
通りに送受信することで,通話しながら基地局を移動するときの携帯
電話機の信号処理は軽くできます。隣接する基地局の送受信スケジュ
ールに合わせて移動先を探しているので,何かのはずみで遠く離れた
基地局にアクセスしてしまうこともなくなります。

 これに対してNTTドコモやソフトバンクの採用するW-CDMAは,携帯
電話も基地局も時刻を合わせないで「非同期型」。スケジュールを合
わせないで通信することで,通話中に基地局を移動するときの信号処
理が複雑になります。

 ただし,時刻を合わせて通信することには不利な面もあります。地
下街などではGPS衛星からの電波を受信できなかったりするのです。
そこでauでは,電波の届かない地下街に設置した基地局は,できるか
ぎり地上に設置したGPS受信機から時刻情報を引き込むようにしてい
るのだそうです。

 最近では,どんな携帯電話機も位置情報取得のためにGPS受信機を
内蔵するようになっています。このため,時計の正確さの差は無くな
りつつありますが,通信に時刻合わせが欠かせない実例は,身近なと
ころにあるのです。(阿蘇)

----------------------------------------------------------------------------
●タイム・スタンプの利用例「先使用権」を紹介します

 特集のPart2では偽造される電子書類の例として領収書を取り上げ
ました。タイム・スタンプはこうした財務や税務関連にかかわる技術
と思われがちですが,それだけではありません。その一例として「
先使用権」を紹介します。

 特許は発明者が技術などを独占できる権利ですが,出願者以外の者
でも出願前からその技術を利用してれば,その実施が認められます。
ある企業が過去から利用してきた技術が,別の会社が特許を取得した
ことにより突然利用できなくなることを防止するためです。特許庁の
ガイドラインではこの先使用権の主張にタイム・スタンプが有益とし
ています。新技術やビジネス・モデルなどを思い付いたら,とりあえ
ずメモに残しタイム・スタンプを押しておくと,後日,役に立つかも
知れません。(前田)

----------------------------------------------------------------------------
●「迷惑メール対策のため」を装った詐欺が登場?

 どこかで大災害が起こると寄付金募集を装った詐欺メールが出回っ
たり,最近起こった事故の「衝撃映像はこちら!」というメッセージ
が詐欺サイトへの入り口だったり・・・という具合に,詐欺の手口に
は“時事ネタ”が使われることも多いようですが,JPCERTコーディ
ネーションセンター(URLはhttp://www.jpcert.or.jp/)によると,
最近は迷惑メール対策の「Outbound Port 25 Blocking」(OP25B)が
詐欺のネタに使われたようです。

 OP25Bはプロバイダが自社のネットワークとインターネットとの境
界で迷惑メールを遮断する対策です。迷惑メール対策としてはけっこ
う有効なんですが,特集でもご紹介した通り,一部の正規メールが遮
断されてしまう可能性があります。こうした問題を避けるにはユーザ
ーのメール・ソフトの設定を変更しなければなりません。この設定変
更についてプロバイダの委託事業者を名乗る何者かからユーザーに電
話があり,IDやパスワードを聞き出そうとするようです。ユーザーが
契約しているプロバイダの名称は,会話の中で特定しようとします。
プロバイダをかたる“オレオレ詐欺”みたいなものですね。OP25Bに
ついては,「名前は聞いたことがあるけど,実際に何をしているのか,
設定をどうすればいいのかまでは分からない」というケースが多そう
なので,その点いかにも詐欺向きだったのかもしれません。(田村)

----------------------------------------------------------------------------
●「Cookie」と呼ばれるようになったワケ

 今月号の「図解で学ぶネットワークの基礎」では,「Cookie」を取
り上げています。Cookieは,Webブラウザ(ユーザー)の状態をWebサ
ーバーが管理するための小さなテキスト・データのことです。このお
かげで,「amazon.co.jp」や「bk1」といったオンライン・ショッピ
ングが成り立っているのです。

 今回は,うんちく話として,なぜ「Cookie」という言葉が使われる
ようになったのか,お話します。もともとCookieは,プログラム間で
やりとりされる小さなデータのことを指す,コンピュータ業界で広く
使われたジャーゴン(業界用語)でした。Webでも参照できる「The
New Hacker's Dictionary」によると,「A handle, transaction ID,
or other token of agreement between cooperating programs」と
定義されています。

 では,なぜCookieという業界用語が,特定のWeb技術の名称とな
ったのでしょうか。Cookieを発案したのは,米ネットスケープ・コミュ
ニケーションズのエンジニアだったルー・モントゥーリさんという方
です。以前,モントゥーリさんに取材したときに,その理由を尋ねて
みました。開発当初,WebサーバーとWebブラウザをやりとりする小さ
なテキスト・データのことを,コンピュータ業界のジャーゴンとして,
Cookieと呼んでいたそうです。それが,そのWeb技術を指す正式な名
称として使われるようになったということです。(高橋)

============================================================================

2.「トラブルからの脱出」取材日記

●記事を授業で活用しているそうです

 7月号の「トラブルからの脱出」では,熊本県立教育センターの教
師である戸田 俊文さんが体験したトラブル事例を紹介しました。戸
田さんは,同センターで県内の教員に情報処理関連の科目を教える,
いわば“先生の先生”です。ネットワーク関連の授業を担当すること
もあるそうで,「授業で本誌を活用している」というお話をうかがい
ました。

 実は戸田さんは,本誌に登場するのは今回で2回目です。前回は,
2005年10月号の特集「症状別ネット・トラブル解決法」で,今回とは
別のトラブル事例でご出演いただきました。このときに掲載された誌
面を受講者に見せて,「私は実際にこういうトラブルを体験した」と
いう体験談をお話しているそうです。

 戸田さんに受講者の反応をうかがったところ,授業で単に「こうい
うことをするとトラブルになるから気をつけましょう」と言うより,
「私は実際にこういうトラブルにあって大変な目に遭った。だから皆
さんも気をつけましょう」と言った方が受講者の心に伝わる,とのこ
とでした。その受講者の気持ち,よくわかります。体験者の話という
のは貴重ですし,話の内容が「トラブル体験」となるとおのずと注目
してしまいます。

 「トラブルからの脱出」は,息の長い人気コラムの一つです。それ
は,このコラムのタイトルにもあるように「当事者が語る!」ことが
前提だからだと思います。戸田さんのお話をお聞きして,そんなこと
をあらためて感じました。(半沢)

============================================================================

3.Web連載インタビュー

●林 剛久(はやし たけひさ)さん
――「ルーター開発の最前線」担当

 今回のインタビューは,日経BP社のWebサイト『ITpro』で「ルータ
ー開発の最前線」を担当している林 剛久さんです。林さんは,アラ
クサラ ネットワークスでCTO(最高技術責任者)を務めています。林
さんに,連載に対する思いなどをうかがいました。

>Web連載「ルーター開発の最前線」を簡単に紹介してください。

 「ルーター開発の最前線」は,ルーター開発にまつわる課題や実現
手法などをルーター開発者の視点で解説するコラムです。私の役割は
コーディネータで,実際に記事を執筆しているのは,開発現場の最前
線にいるトップ・レベルのエンジニア達です。彼らが日ごろ考えてい
ることや開発についての思いなどをテーマに取り上げてもらっていま
す。国内で,基幹系のルーターを開発しているエンジニアの視点から,
ユニークな内容をお届けしたいと思っています。

 基幹ルーターの開発ベンダーであるアラクサラの特徴は,多数の開
発技術者が国内にいることです。そうした技術者の“顔”が見えるコ
ラムにもしていきたいと考えています。ただ,技術者の“顔”を前面
に出すために「記事が多少マニアックになってしまっていないか」と
いう心配はあります。それでも,「技術の“香り”とエンジニアの個
性が感じられるほうがよいかな」と考えながら進めています。

>今,基幹ルーターの開発の現場で取り組むべきテーマとは何でしょ
うか。

 通信キャリア向けのキーワードでいえば「NGN」(next generation
network)でしょう。企業向けでいえば「E-commerceやWeb 2.0」にな
ります。どちらも,音声・映像・データが混在するトリプル・プレイ
環境への対応,検疫や認証などのセキュリティ機能,運用管理コスト
の低減機能などが重要ですが,さらに,従来のIPネットワークと比べ
て格段の信頼性が要求されます。仮にネットワークが止まったら,深
刻な問題になります。電話網に代わるIPネットワークを提供し,業務
の中核として利用できるIPネットワークを提供する――。このために
は信頼性を確保する技術がとても大切です。

>先日開催された「Interop」では,プロダクト・アワード部門のイ
ンフラ構築製品(Core)やShowNetデモンストレーション部門でアラ
クサラの製品が賞を獲得しました。おめでとうございます。

 ありがとうございます。InteropのShowNetでは,アラクサラの製品
を多く使っていただきました。InteropのShowNetというのはIPネット
ワークの最先端技術を使った製品を相互接続し,実用的に運用できる
ことを実証する場です。また,世界的に見て注目度が高いので,開催
中は世界中からさまざまな攻撃の対象にもなります。そうした環境で
アラクサラの製品を使ってもらって,お役に立てるということは,私
達にとって大きな自信になります。さらに賞までいただいて,担当エ
ンジニアにとって大きな喜びになったと思います。

>最後に,読者のみなさんにメッセージをいただけますか。

 インターネットは日々の生活に欠かせないものになっています。そ
のインターネットの中で使われているルーターやスイッチが,どのよ
うに動いているのか,どういう課題を克服したうえで使われているの
か――。私たちの記事が,そういったことを知って頂くきっかけにな
ればうれしいですね。

 エンジニア達は,世の中の役に立つことを目標にものづくりに取り
組んでいます。その意味では,ニーズを知ることなど,世の中との関
係が大事になります。記事に対するご意見やご感想,または,みなさ
んが疑問に思うことなど何でも結構ですので,コメントをいただける
とうれしく思います。

>どうもありがとうございました。

ルーター開発の最前線
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061201/255642/

============================================================================

4.今号のリンク

最新の2007年7月号で紹介したURLを,コラム別にまとめました。

----------------------------------------------------------------------------
●特集1「インターネットの『時刻』の秘密」(pp.22~35)

宇野信太郎氏の開発したフリーのNTPクライアント・ソフト「桜時計」
のダウンロード・サイト
http://www.venus.dti.ne.jp/~uno/

アマノタイムビジネスの時刻認証サービスのサイト
http://www.e-timing.ne.jp/

----------------------------------------------------------------------------
●特集2「迷惑メール対策徹底解剖」(pp.53~69)

迷惑メール対策を推進する業界団AAWG(messaging anti-abuse
working group)のレポートがあるサイト
http://www.maawg.org/about/EMR/

S25R開発者の浅見秀雄氏が公開している「阻止率99%のスパム対策
方式の研究報告」

http://www.gabacho-net.jp/anti-spam/anti-spam-system.html

マイクロソフトが提供するSender IDの無料ライセンス・サイト
http://www.microsoft.com/japan/mscorp/safety/technologies/senderid/resources.mspx

----------------------------------------------------------------------------
●今月の逸品「複数サービスを同時に使える純国産の多機能ソフトフ
ォン」(p.71)

ソフトフォン「AGEphone」の製品情報
http://www.ageet.com/agephone/index.htm

----------------------------------------------------------------------------
●Roads to Node管理人エイジの「僕の勉強日記」(p.78)

ネットワークの勉強サイト「Roads to Node」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/

----------------------------------------------------------------------------
●PCユーザーのためのネットワーク工作室(pp.120~123)

定期的にコピーを実行してくれるバックアップ用フリーソフト「Bun-
Backup」のダウンロード・サイト
http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/bunbackup.htm

----------------------------------------------------------------------------
●こちらセキュリティ相談室(pp.162~167)

Googleインデックスから削除してもらうための手順を解説したサイト
http://www.google.co.jp/intl/ja/remove.html

Internet Archiveに削除を依頼する場合の手順を解説したサイト
http://www.archive.org/about/exclude.php

----------------------------------------------------------------------------
●集まれルーター技術者 シスコ資格の試験対策で腕試し(pp.174~178)

BGPで最適パスを選択するためのアトリビュートを解説したサイト
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/tac/459/25-j.html

----------------------------------------------------------------------------
●展示会/セミナー

ビジネスコミュニケーション東京2007
http://www.ric.co.jp/expo/bct2007/pre_index.html

ビジネスシヨウTOKYO2007
http://bs.noma.or.jp/index.html

次世代インターネット/モバイルインターネット「コンテンツ開発&
配信技術展2007」
http://www.ric.co.jp/expo/nccd2007/pre_index.html

ワイヤレスジャパン2007
http://www.ric.co.jp/expo/wj2007/pre_index.html

Bladeと仮想化はじめてセミナー
http://www1.jpn.hp.com/events/seminars/info/07series/s_blade3.html

Cisco CCNA短期集中
http://www2.knowledgewing.com/course/cd?c=UCC01L

ネットワーク構築講座「もう一度見直すメール強化術」
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw3/

IT Executive Forum IT Japan 2007
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ev/itex/itj07/index.shtml

わかりやすい!!ネットワーク回線のしくみ
http://www.src-j.com/seminar/index_s.html

ワイヤレスセキュリティ
http://learningnet.nri.co.jp/classes/course.asp?cid=SEC0003

============================================================================

6.今月のおさらい

 日経NETWORK(http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/)では毎週木曜
日に今週のクイズを公開しています。過去1カ月に紹介したクイズを
紹介します。あなたのネットワーク実力チェックにぜひご利用くださ
い。

●Webサイトを不正な攻撃から守るためのソフトウエアや装置をなん
というでしょうか。
1)WAP
2)WORM
3)WAF
4)WAFS
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070620/275301/

●次のうち,「DRM」のフルスペルとして正しいものはどれでしょう?
1)digital radio management
2)digital recording management
3)digital requests management
4)digital rights management
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070605/273652/

●米国のネットワーク・プロジェクト「GENI」(Global
Environment for Network Innovations)を説明した文として,間
違っているのはどれでしょう。
1)計画の主体は米NSF(National Science Foundation)である
2)次世代インターネット網を構築するプロジェクトである
3)バックボーンは全米規模となる
4)5年間で3億6700万ドル(日本円にして約400億円)の予算要求がさ
れている
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070605/273599/

●SkeedCastがコンテンツの中継のためにプロバイダ内のネットワ
ークで利用している技術はどれでしょう?
1)P2P技術
2)アドホック・ネットワーク技術
3)クライアント・サーバー技術
4)ユビキタス技術
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070523/271891/

============================================================================

7.編集部からのお知らせ

●『第3回 ネットワーク構築講座』を開催
 すでに電子メールは企業活動にとって欠かせないコミュニケーショ
ン手段になっています。しかしその一方で,迷惑メール(スパム・メ
ール)やウイルス・メールなど,電子メールの快適な利用を脅かす脅
威が一般的になっているのも事実です。そこで今回は,メール・シス
テムに焦点を当てて,メールを取り巻く様々なリスクへの対抗策を製
品選択のポイントとともに解説します。

<<『第3回 ネットワーク構築講座』開催概要>>
・開催日 2007年7月3日(火)12:30~17:40(予定)※開場は12:00~
・会場  ベルサール九段4F会議室
・受講料 無料
・主催  日経NETWORK
・定員  100名(予定)※定員になり次第締め切らせていただきます。
・申込URL http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nnw3/

●『絶対わかる! ネットワーク設計 超入門』を発行しました
ネットワークの設計者や運用・管理者に向けて編集したネットワーク
設計の基礎とノウハウが学べる1冊です。ネットワークを設計するう
えでまず押さえておくべきなのが,どのような機器や機能があるのか
といった基礎知識と,どう組み合わせればきちんと動くのかという実
践ノウハウです。これらの情報を網羅して,丁寧な用語解説とわかり
やすい図解により,はじめて実際のネットワークを設計する方でも難
なく読み進められる構成になっています。ネットワークを更新・再設
計する方にも役立つ情報が満載です。

 価格は税込みで2200円。書店のほか,以下のURLからお申し込み
いただけます。

絶対わかる! ネットワーク設計 超入門
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nnw/books/netsekkei.html

●日経BP社「IT書籍フェアBEST100」開催中
 日経BP社では6月30日までの期間限定で,「IT書籍フェアBEST100」
を開催しています。注目の最新刊から人気のロングセラーまで,厳選
された100冊を用意しました。さらなるステップアップを目指すみな
さんを完全バックアップします。

http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/book/

============================================================================

8.日経コミュニケーションからのお知らせ

 日経NETWORKの読者の皆さん,お久しぶりです。前編集長の林です。
今は,日経NETWORKの兄弟誌である日経コミュニケーションを担当し
ています。日経コミュニケーションは,ネットワーク技術から業界動
向まで,企業のネットワーク担当者が知っておきたい最新情報をお届
けする総合誌です。
 さて,今回このメルマガにお邪魔したのは,日経コミュニケーション
が企画した専門セミナーに皆さんをお誘いするためです。専門セミナー
はテーマ別に二つあります。一つはNTTをはじめとする通信業界の今
後を考える「テレコム・トラック」。もう一つは,企業におけるセキュ
リティ対策をテーマとする「セキュリティ・トラック」です。
 どちらのセミナーも,それぞれの分野における日本の第一人者をス
ピーカに招き,ほかではなかなか聞けない専門情報を深くわかりやす
く解説します。期日はいずれも7月30日です。セミナーに関する詳し
い内容はこちらからどうぞ。

【日経コミュニケーション専門セミナー】
■テレコム・トラック
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/ncc/semi/0707/ntt/
■セキュリティ・トラック
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/ncc/semi/0707/sec/

皆さんのご参加をお待ちしています。

============================================================================

9.次号(2007年8月号)予告

●特集1「無線通信大図鑑」
 無線通信はいたるところで活躍しています。今の社会は,無線通信
なしでは成り立たないでしょう。ただ,一言で無線通信といっても,
さまざまな種類があります。次回の特集では,普段よく利用するもの
から,あまり知られていないものまで,一挙に紹介します。難しい通
信技術の説明は抜きで,写真を見て楽しめるような構成にします。お
たのしみに。(高橋)

●特集2「企業向けブロードバンド・ルーター」
 個人・家庭のインターネット接続用途だけでなく,企業ネットワー
クでも中小規模拠点の接続やバックアップ回線として活躍しているブ
ロードバンド・サービス。NTT東西では2006年度に「フレッツ・ADSL」
の契約数を「Bフレッツ」の契約数が逆転。ブロードバンドの主役は,
光ファイバによる高速広帯域のFTTH(fiber to the home)サービス
へと移りつつあります。こうした状況を受け,企業向けのブロードバ
ンド・ルーターでは,性能・機能の強化が進んでいます。たとえば,
拠点間を安全に結ぶためのVPN(virtual provate network)利用時の
スループット向上,増大するセキュリティ・リスクへの対策,回線・
機器障害時のバックアップ,データ・音声統合時のQoS(quality of
service)確保などです。記事では,企業向けブロードバンド・ルー
ターの主要な機能や性能について解説するとともに,最近の強化ポイ
ントや活用法を紹介します。(井出)

●図解で学ぶネットワークの基礎「RSS」
 ブログやニュース・サイトで「RSS」と書いてあるアイコンを見か
けることが増えています。Internet Explorerの最新版は「RSSリーダ
ー」機能を搭載しました。このRSSは,「Webページの更新情報の配信」
ととらえられることが多いのですが,実はそれだけにはとどまりませ
ん。インターネット上のお好みの情報を取り寄せるしかけとして,限
りない可能性を秘めています。そこで,特集3「ネットワークの基礎」
でRSSの本質とそのしくみを見ていくことにします。(阿蘇)

============================================================================

★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

============================================================================
Copyright(C) 2007,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3