PR
 概要  
DNSサーバーで名前解決する情報について問い合わせをする。nslookupコマンドやdigコマンドと同様に,DNSに関する各種の調査やデバッグに使える。

 構文  
host [-a] [-d] [-l] [-r] [-T] [-v] [-t RRタイプ] [-W タイムアウト秒] [-R リトライ回数] 検索対象 [DNSサーバー]
※主なオプションのみを記載。

 利用環境  
Red Hat Enterprise Linux ○

 オプション 
-aDNSに登録されているレコードのすべてを検索し,結果を詳細表示する。「-v -t ANY」と指定した場合と同等の動作となる。
-dDNSの問い合わせ結果を詳細に出力する。
-lDNSのゾーン転送を要求し,その結果を出力する。
-r再帰的な問い合わせを行わない。
-T問い合わせにUDPではなくTCPを使う。
-vDNSの問い合わせ結果を詳細に出力する。
-t RRタイプ検索対象のリソース・レコード(RR)のタイプを指定する。代表的なものは以下の通り。
A IPアドレス
CNAME エイリアス
NS DNSサーバー
MX メール・サーバー
ANY すべて
-W タイムアウト秒タイムアウト時間を指定する。
-R リトライ数リトライ回数を指定する。DNSサーバーから返答が無かった際に指定した回数だけリトライする。
検索対象検索対象とするドメイン名やホスト名,IPアドレスを指定する。
DNSサーバー検索に利用するDNSサーバーを指定する。特に指定しなかった場合は「/etc/resolve.conf」ファイルで指定しているDNSサーバーを利用する。

 使用例:DNSサーバーのリソース・レコードを検索する(クリックで詳細表示)  
host -v -t 検索対象 ドメイン名