PR
マイクロソフト 森上寿生業務執行役員
マイクロソフト 森上寿生業務執行役員

 「地方のユーザー企業にも、マイクロソフトの戦略をしっかり伝えていく」。マイクロソフトの森上寿生業務執行役員ゼネラルビジネス統括本部長は、7月からの新年度に展開する地方拠点での営業強化について、こう説明する。地方拠点は従来、地場の販売パートナー支援が役割で、ユーザー企業への直接営業はしていなかった。

 しかしパートナー任せでは「マイクロソフトの狙いが伝えきれていなかった」。新年度からは、マイクロソフトの担当者がテレマーケティングなどで、直接ユーザー企業にアクセスして営業する。ただし、あくまでも製品を販売するのはパートナー。森上執行役員は「支店の営業体制の強化はパートナーのビジネス拡大につながる」と話す。