PR

レビュー:軽快動作でデータ放送に強い。デジタルラジオも楽しめる



ピクセラ

PIX-ST050-PU0

実売価格:9800円(同社オンラインショップでのみ販売)

製品詳細:http://www.pixela.co.jp/products/digital_broad/pix_st050_pu0/index.html

ここに注目!
・動作が軽く画質も優秀
・デジタルラジオの視聴が可能
・データ放送に対応
・シンプルなデザイン

 今回取り上げた6製品の中で唯一、デジタルラジオに対応する「PIX-ST050-PU0」。本体はシンプルなデザインで、主な付属品は短めのUSB延長ケーブルのみ。アンテナもシルバーのスタンダードなロッドアンテナが付属する非常にシンプルなモデルだ。

 ワンセグとデジタルラジオの両方に対応したシリコンチューナーモジュールを搭載し、ワンセグ放送の画質は今回テストした6製品の中でトップクラス。また、チャンネル切り替えが速く、他製品に比べて動作が軽快で安定性も高かった。

 iEPGと予約録画には対応していないものの、電子番組表(EPG)、手動での録画(録画オフタイマーで録画終了時刻を設定可能)、タイムシフト、データ放送などに対応する。データ放送画面はマウスで直接操作できるタイプだ(マウスクリックに対応したデータ放送の場合)。録画機能を重視する人には向いていないが、画質重視の人や動作の軽快さにこだわる人、データ放送重視の人におすすめしたい。

 この製品の一番の特徴は、デジタルラジオに対応すること。専用ソフトを同社のWebサイトからダウンロードしてインストールすると利用できる。ただし、Windows Vista専用のうえ、デジタルラジオ自体がまだ実用化試験放送中で本放送開始はまだ先。放送地域も東京と大阪のみだが、興味のある人は要チェックだ。

USB端子に直接取り付けられるほか、付属のUSB延長ケーブルも使える。キャップには穴が空いていて、なくさないようにロッドアンテナに挿しておける
[画像のクリックで拡大表示]
ワンセグ視聴ソフトは3ウインドウ構成。コンパクトにしたいときはテレビ画面のみを表示すればいい。タイマーボタンは、録画を自動停止する時間を設定するためのもの
[画像のクリックで拡大表示]

2007年4月10日現在、録画予約には対応していないのが残念だが、番組表は見やすい。メニューやボタンは多いが、日本語表記があり操作しにくいことはない
[画像のクリックで拡大表示]
デジタルラジオ用のソフト。Windows Vista専用で、まだサンプル版だ。画面構成は左のワンセグ視聴ソフトとほぼ同じ。デジタルラジオ自体がまだ試験放送中であり、ソフトもノンサポートとなっている
[画像のクリックで拡大表示]

スペック ■接続方法:USB2.0■消費電流:約120mA■外形寸法(幅×奥行き×高さ):78×18.7×8.6mm(突起物除く)■重量:約15g(本体のみ)■主な付属品:USB延長ケーブル、ノイズフィルタ
動作環境 ■CPU:Celeron M 1GHz以上(OSの推奨環境以上が必要)■メモリー:Windows XPの場合は256MB以上(512MB以上推奨)、Windows Vistaの場合は512MB以上(1GB以上推奨)■HDD:60MB以上の空き容量(録画する場合は録画データの保存用に空き容量が別途必要)■グラフィックス:800×600ドット以上(1280×768以上を推奨)、DirectX 9.0およびDirect3D9に対応したビデオカード■サウンド:DirectXに対応した環境■CD-ROMドライブ