PR

■デジタルラジオって何?

 ピクセラの「PIX-ST050-PU0」で利用できるデジタルラジオとは、デジタル変調を使ったラジオ放送のことだ。従来のAM、FMラジオ放送(アナログラジオ放送)に比べて、ノイズが少なくクリアな音質と、データ放送や静止画・簡易動画などを同時に放送できる。デジタルラジオにもいくつかあるが、PIX-ST050-PU0で視聴可能なのは「地上デジタル音声放送」のこと。地上デジタルラジオとも呼ばれ、技術的にはワンセグに近い。受信するにはデジタルラジオに対応した受信機が必要になる。現在のところPIX-ST050-PU0のほか、一部の携帯電話などが対応している。

 デジタルラジオの実用化試験放送は、2003年10月10日より首都圏と近畿圏で行われている。テレビのVHF帯を使って放送するため、本放送の開始は2011年のアナログテレビ放送終了後になる予定。なお、本放送が開始されても従来のアナログラジオ放送(AM・FM・短波放送)はそのまま継続される。これは、災害時の情報伝達手段としてアナログラジオ放送が重要視されているためだ。

デジタルラジオ放送を運営している「社団法人デジタルラジオ推進協会」のWebサイト。デジタルラジオの解説、放送エリア、番組表などが分かる


■Vistaへの対応は大丈夫?

 今回はWindows XP(SP2)上ですべてのチューナーをテストした。Windows Vistaへの対応だが、今回取り上げた6製品はすでに対応している。インストールCDにVista対応ソフトが入っていない場合でも、メーカーサイトから対応ソフトをダウンロードして利用できることがほとんどだ。いくつかの製品をVistaでテストしてみたが、XPに比べて特に動作が重くなったり、不安定になるようなことはなく、Vistaへの対応は心配ないと言えそうだ。アイ・オー・データ機器の「SEG CLIP GV-1SG/USB」のガジェット表示など、Vistaでしか使えない機能もある。

 ちなみに、Windows VistaのHome PremiumとUltimateエディションには、簡単な操作で音楽や動画の再生などが楽しめるAVソフト「Media Center」が搭載されている(関連記事)。アナログテレビ放送を視聴・録画する機能もある(対応テレビチューナーが必要)が、今後はワンセグもMedia Centerで使えるようになることに期待したい。

「Media Center」にはアナログテレビの視聴・録画機能がある
[画像のクリックで拡大表示]