PR

 「メインモジュールを安定稼働させる前に,いきなりアドオン開発に取り組んでしまうプロジェクトがあまりにも多い」。こう指摘するのは,多くのパッケージ導入コンサルティングを手掛けている札幌スパークルの桑原里恵氏(システム コーディネーター)だ。

 重要なのは,まずマスター・データや認証方法,各種パラメータの設定などを完了させて,メインモジュールを「安定稼働」させること(最初のプロトタイプ)。

 そのうえで,安定して稼働するメインモジュール上で,何回かプロトタイプを作りながらアドオンモジュールを開発していくのが本来の姿――と桑原氏は語る。

 なぜ,先にメインモジュールを安定稼働させる必要があるのか。それは,メインモジュールを安定させる前に,アドオン開発をバラバラに進めてしまうと,全体の整合性が取れなくなってしまうからだ。

 実際「テストの段階になって,トランザクションがきちんと通らない,会計処理の演算結果がおかしいといった現象が起きることがある。メインモジュールとアドオンモジュールのどちらに問題の原因があるのかを特定するのも難しくなる」(同)。

 ところが,「開発するアドオンモジュールの数が多いと,開発者は早く作業に取りかかりたいと考え,アドオン開発に走ってしまうことが多い」(アビームコンサルティング テクノロジーインテグレーション事業部マネージャー 尾形俊彰氏)。プロジェクトの立ち上げ時から,そのような計画を立てるプロジェクト・マネージャさえいるという。これでは,特に大規模なパッケージ導入の場合,失敗することが目に見えている。

 はやる気持ちを抑えて,メインモジュールを必ず先に安定稼働させるのが,パッケージ導入の大前提である。