PR
 概要  
リモート・マシンへログインする。通信が暗号化されていないため,可能ならば通信を暗号化するsshコマンドの使用が望ましい。

 構文  
rlogin 対象ホスト [-l ユーザー名] [-d] [-k realm] [-f] [-F] [-x]
※主なオプションのみを記載。

 利用環境  
Red Hat Enterprise Linux ○(rkrb5-workstation-1.3.4-33で確認)

 オプション 
対象ホスト接続先のリモート・ホストを名前解決可能な名前もしくはIPアドレスで指定する。
-l ユーザー名リモート・ホストへログインするユーザー名を指定する。このオプションを指定しない場合,ローカル・ホストへ現在ログインしているユーザー名でログインする。
-dリモート・ホストとの通信に使用されるTCPソケットに対して,ソケット・デバッグを有効にする。
-k realmKerberos認証をする際に証明書を取得する管理領域を指定する。このオプションを指定すると,指定した管理領域内のリモート・ホストから証明書を取得する。
-fKerberos認証環境において,証明書を取得するためのTGT(Ticket-granting Ticket)をリモート・ホストに転送する。リモート・ホストでは,他のリモート・ホストへTGTの転送はできない。-Fオプションと同時に指定することはできない。
-FKerberos認証環境において,証明書を取得するためのTGT(Ticket-granting Ticket)をリモート・ホストに転送する。リモート・ホストで,他のリモート・ホストへTGTの転送が可能である。-fオプションと同時に指定することはできない。
-x全てのデータ通信をDESで暗号化する。


 使用例:リモート・ホストへログインする(クリックで詳細表示)  
rlogin 対象ホスト -l ユーザー名