PR

 7月22日から28日、米国・ボストンでの先進的な医療ITを視察してきた。「前編」ではWebベースの患者ヘルスサービスの提供と、ナレッジマネジメント導入による医療の質向上の取り組みについてレポートした。「後編」では、医療機関の情報公開とデータの相互活用による「医療の透明性と質の向上」への活動と、“Connected Healthcare”(接続された医療)を構築して質の高い医療サービスを展開する退役軍人省病院のケースなどを紹介する。

医療の透明性と質の向上 --- 医療機関の情報公開とデータの相互活用

 「医療品質の透明性(情報公開など)」に関しては、米国で品質やサービスに関する比較情報はそれまでなかったという。しかし、ここにきて連邦および州政府は、医療機関に対して品質情報を報告するよう働きかけ始めた。米国の保健福祉省(Department of Health & Human Services)のホームページでは、CMS(Center for Medicare and Medicaid Services)HQA(Hospital Quality Alliance)などとの協力し、特定疾患での診療プロセスがきちんと行なわれているか――など20項目について、公開に同意した医療機関の情報を「Hospital Compare (病院比較)」という形で、2005年4月よりオープンにしている。(下はその1画面

Hospital Compare のWebページ画面
Hospital Compare のWebページ画面

 今回訪問した「ケアグループ」(「前編」参照)の主要病院であるベスイスラエル長老派教会病院では全米に先駆け、自ら院内感染に関する指標や特定疾患治療プロセスについての数値を、地域や全国平均と比較してWebサイトで公開している。

 「医療の質の向上」については、「パートナーズヘルスケア」では“High Performance Medicine” (高品位医療)の提供をミッションとし、重要視している医療ITへの取り組みがいくつかある。その1つに、すべての医療・業務システムをコンピュータ化することを掲げており、オーダーエントリーは2007年度中、外来カルテは2009年度中に、100%の電子カルテ化を目指している。

 現在、「パートナーズヘルスケア」では、電子化されたデータはCDR(Clinical Data Repository)およびDWH(Data Warehouse:注1)に格納し、活用している。50施設を超えるグループ内病院のシステムから、ほぼリアルタイムにデータを蓄積し、CDRは電子診療記録に統合されて臨床に、DWHは主に研究を中心に利用している。またDWHでは研究以外に、グループ内、各病院、医師ごとに、さまざまパフォーマンス指標のレポートを作成している。例えば、医師ごとに担当患者の状態の推移(コレステロール値など)をリアルタイムで表示し、疾病に対するパフォーマンスを目に見える形で必要な関係者に告知し、“High Performance Medicine”の指標の1つとして活用している。