PR

 尾関雅則氏は我が国の情報化を牽引したリーダーの一人である。国鉄時代には本格的なプロジェクトチームを作り、大型コンピューターを使って、みどりの窓口の座席予約オンラインシステムを開発、1973年1月に完成させた。日立製作所の常務に転じてから、パソコンなどオフィス製品事業の責任者となり、87年には国鉄の民営化によって作られた鉄道総合技術研究所の初代理事長に就任した。2007年現在も、IT関連の勉強会などに顔を出し、発言や質問をされている。

 その尾関氏は10年前、73歳の時に「オゼのホームページ」を開設、情報化やプロジェクトに関するエッセイを執筆した。今回、本サイト上に、オゼのホームページを復刻する。10年前の論考であっても経営とITに関わる本質的な意見が綴られている。


レスポンスは重要なシステムの機能

 情報システムの機能の中で重要なものの一つに、レスポンス(応答機能) があります。人間が(または、センサーなど)が、システムに対して何らかの入力を、行ってアクセスすると、システムは反応して、その答えを出力します。この応答に要する レスポンスタイムは、システム機能の中核をなすものの一つです。

 CPUの中で、処理が行われる場合、同時には一つのトランザクション(処理要求)の、処理しか行われないのが、原則ですからリアルタイムシステム のように、短時間に多数のトランザクションが入ってくるときには当然待ち行列が出来ます。この時の待ち合わせがレスポンスの問題です。

レスポンス問題は電話交換から始まった

 この種の問題は、昔から電話交換のトラフィック理論によって取り扱われてきました。電話交換の場合は、回線が総て話中で接続できないときは、ビジートーンを送り返して、接続をあきらめてしまう方式(呼損式)が普通でした。コンピューターシステムの場合は、すべてのトランザクションは、待ち行列を形成して順番を待つ (待時式)ように設計します。この待ち時間をどこまで許すかがテーマとなるのです。

 電話交換の場合は呼損式であるためアクセスした時点で空いている回線がなくて、話し中になる確率(呼損率)が問題になる訳です。また電話の場合には、一時間平均のトラフィック密度を、対象にして設計しております。即ち、一時間の中ではトラフィックは平均的に到着するものということを前提にしていた訳です。

コンピューターのトラフィックはもっと集中する

 コンピューターの場合は、トラフィックは、もっと短時間に集中します。システムの種類にもよりますが、一般には、10数秒からせいぜい5分ぐらいの間に集中するトラフィックが対象になります。

 この場合「すべてのトランザクションの90%が、何秒以内に応答される」というような確率的表現で、システムの性能を表すことになるのです。残りの10%は、リアルタイムと言っても30秒ぐらい待たされることが有ります。

最近、世の中がせわしくなってきた

 電話の場合は、普通こんなにせわしいことは少なく、一時間平均だけを問題にしても、いままでは、まず問題にならなかったのですが、最近ではゴルフのスタートの予約のように、ある時間に集中的に殺到するトラフィックも現れてきました。トラフィック理論にも過渡現象論が必要になってきたようです。このような短時間におきる、トラフィックの現象解明はまだよく分かっていないことが多いようです。

 リアルタイムシステム開発の場合、今でも時々、この短時間に集中するトラフィック量を、甘く見て、 稼動開始の直後に混乱することが、あとを絶たないようです。もう、リアルタイムシステムが出現してから、30年以上も経っているのに、どうしてなのでしょう?

 短時間にトラフィックがシステムに集中する場合の過渡現象では、待ち行列の長さが波打ちながら減衰してゆき、だんだんと定常状態に落ち着いて行くことが知られています。システムによってこの山と山の時間が異なるのか?同じなのか?また、日本人が使う場合と、中国人や欧米人が使うシステムとでは同じなのか?違うのか?興味は尽きません。これはシステム側の問題というよりも、むしろ人間側の問題であるのかもしれません。

(オリジナルは1998年8月10日公開)